ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょwこれはwww、もしも○○がなかったら。岐阜県関市PR動画「もしものハナシ」がナイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岐阜県関市の名産品をご存知でしょうか。「日本一の○○の町」である関市がユニークなPRムービーをリリースしました。答えは動画のラストに登場します。

人参に空手チョップするお母さん。お父さんはガムテープでひげを抜き、美容師はお客さんの髪を噛みちぎる。アイドルの握手会では長く伸びた爪が凶器になり、結婚式ではウェディングケーキが叩き潰されます。

これ、刃物が存在しない虚構の世界が舞台の物語。刃無しのハナシです。生活に欠かせない刃物が無ければ、人はどれだけ困るかが描かれています。

人参にチョップ!細かくすることは出来ても皮はむけないですね。

ガムテープで髭を抜く。これはもう罰ゲーム。

ちょっとこれはつらい。ぱっつんヘアーは不可能ですね。

まるでホラー。楽しい握手会が一転、阿鼻叫喚。

カメラのご準備はよろしいですか?新郎新婦のケーキ入拳です!

このPRムービーを制作した岐阜県関市は、イギリスのシェフィールド、ドイツのゾーリンゲンと並んで、「刃物の3S」と呼ばれる世界有数の刃物工業都市です。刃物製品出荷額の全国シェアにおいては、包丁で約5割、理髪用刃物では7割を占めており、日本の刃物産業を支えています。

世界的に有名な関の刃物なのですが、市が行った調査で、20・30代の若年層への認知度が低いことが判明。若者が好むWeb動画で本PRムービーを制作したとのこと。 刃物なしの世界で四苦八苦する人々の姿は、おかしくもあり切なくもあり。刃物のありがたさが身にしみます。

 

No blades,No life.世界に誇る関の刃物「折れず、曲がらず、よく切れる」お宅の包丁や爪切りも関の刃物かもしれませんよ。

【公式】岐阜県関市 刃物まつり
たびものがたり in 関|関市観光協会

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

ま、まさかの〜っ!「この文化財たち、全部ダンボールで出来てるんだぜ!」
ご当地キャラの次はこれ!「ご当地怪獣」のストーリー設定とデザインの破壊力がすごい
稲刈ったどーー!秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」稲刈りす。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP