体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『iPhone』で水中撮影ができる スウェーデン生まれの小型ケース『Krusell SEaLABox』

Krusell SEaLABox for iPhone

小型でスタイリッシュなデザインの『iPhone』用の防水ケースが登場です。フォーカルポイントコンピュータは、、スウェーデン生まれのスタイリッシュなIPX7等級防水ケース『Krusell SEaLABox for iPhone(クルセル シーラボックス)』を6月上旬に発売します。現在、同社オンラインストア『FOCAL STORE』および楽天市場支店『OUTCLOUD』にて予約受付中。価格は6480円(税込み、オープン)です。

Krusell SEaLABox for iPhone 取り付け時

『クルセル シーラボックス』は、タッチ操作対応のパネル2枚と固定用の2本のレールで構成。本体の両側をパネルで挟み、2本のレールを上下からスライドさせて取り付けて装着します。『iPhone』のカメラを覆う部分にはクリア素材を採用し、収納した状態で撮影が可能。IPX7の防水性能(水深1mに30分間耐えられる程度)を活かして、水中撮影も行えます。

Krusell SEaLABox for iPhone 背面

『iPhone』用の防水ケースは、本体より大きく分厚いものが一般的でしたが、『クルセル シーラボックス』は『iPhone』を一回り大きくしただけのコンパクトサイズ。海水浴やプール、サーフィンやカヤック、釣りなどの水辺のアウトドアシーンでスマートに『iPhone』を持ち運べます。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。