体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ご当地『富山ブラックラーメン』とりあえず食べるならコレ!”えびすこ”の『俺のブラック』

IMG_0969_R

富山ブラックとは

皆さんは『富山ブラック』という言葉を聞いたことがありますか?
富山ブラックとは富山県のご当地ラーメンのことでありまして、近年では県外でのラーメンイベントの出店や積極的な営業展開によって各種メディアで紹介されるなど、それなりに認知度が高まってきているようです。

この富山ブラックの最大の特徴というのが『醤油の濃度が高い』『塩味が濃い』というものなのですが、この『富山ブラック』は発祥のきっかけとなった元祖というべきラーメン店が存在します。

そもそもこの塩辛いラーメンが登場した背景はと言いますと。

1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りな若者の昼食として、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源である。

wikipediaより引用

『富山ブラック』という呼称は2000年以降にネットから生まれたとのことなのですが、県内外でこの『富山ブラック』の認知度が高まってくるにつれ、富山県内では様々なラーメン店でそのお店独自のブラックラーメンが登場しているのです。

black

県内の人であれば時間をかけて様々なお店を試すことが出来ますが、では県外の人がたまたま富山にやってきて「美味しい富山ブラックが食べたい」となったとき、どのお店に行けばいいのでしょうか。富山ブラック元祖のお店は確かに歴史が長く、このお店がなければ富山ブラックというものは生まれませんでした。

その功績は偉大だと思います。しかし口コミサイトなどを見ると分かるのですが評価は賛否分かれています。これは県外の人だけの意見なのかというとそうでもなく、富山県内に住む人でも賛否が分かれているのです。その理由は明白で、それは塩分が強すぎるというところにあります。

では他のお店はどうかというと、見た目の黒さは追求しつつも塩分濃度は出来る限り控えめにして、食べやすく仕上がっている傾向にあるのではないかと思います。そろそろ塩分が気になるお年頃の筆者には実にありがたいことです。

では「せっかくの機会だし、パンチもあって旨い富山ブラックが食べたい!」と言う人はどのお店に行けばいいのでしょうか。そんな人にぴったりのお店、“えびすこ”の『俺のブラック』を今回はご紹介したいと思います。

えびすこは食券制

校長先生のように前置きが長くなりましたが、えびすこへとやってきました。

IMG_0997_R

さっそく券売機にて食券を買います。
この食券制というものは、何にしようか迷っているところに後ろから新しいお客さんが次々に来ると非常に焦ったりしますが、今回は注文するものが決まっているので実に余裕です。

『俺のブラック』をポチッとな。

IMG_0949_R

『俺のブラック』は730円なんですけど、このお店ではなんと!

麺の大盛り・特盛りが無料で出来ちゃうんです!!

ガッツリ食べたい縦か横に育ち盛り派には実に嬉しいサービスですよね。

IMG_0960

筆者が今回注文したのは並盛りです。
並はサイズ的にこざっぱりした印象ですが、大盛りになるとグッとボリュームが増します。

IMG_0968

この“えびすこ”の『俺のブラック』は、伝統的な富山ブラックに見られる醤油の濃い色太麺大きめのネギ大きめのシナチク多めのチャーシュー多めの粗挽き胡椒がきっちり完備されていまして、見た目から元祖富山ブラックを意識しているというのが分かるものとなっています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。