ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ンダモシタン動画で有名になった小林市の市議会議員が語る「ふるさと選挙制度」身とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

あのYouTube動画で有名になった宮崎県小林市の市議会議員が国家戦略特区へ画期的な提案

【宮崎県小林市 移住促進PRムービー “ンダモシタン小林”】
https://youtu.be/jrAS3MDxCeA

 

■ 提案内容は・・・?

今回の提案内容の中身を端的に言えば「ふるさと納税をすれば、選挙権がもらえる」という非常に革新的かつ野心的なもの。もし実現したら、”ふるさと“おみやげ”納税”に一石を投じることになるだろうと思われます。

そこで、国家戦略特区ワーキンググループによるヒアリングにて提案を行ってきた直後の福本誠作氏(小林市市議会議員)に当編集部記者がインタビューに行ってきましたので、その内容を書き起こし並びに動画でご紹介します。

(※なお、当日国家戦略特区ワーキング・グループのヒアリングにて使用された提案内容がまとめられた資料はこちらからダウンロード出来ます。ふるさと選挙資料 )

 

20150928 提案直後の福本誠作(小林市市議会議員)へインタビュー

 

(以下、インタビュー内容書き起こし)

<記者>
国家戦略特区(内閣府)へ「ふるさと選挙」制度を提案されたということですがどのような制度でしょうか?

<福本議員>
現在どこでもやっているふるさと納税ですが各地域の産物を返礼品として返しています。これがどこも豪華合戦になっている状況です。これにかわるものとして「選挙権」を与えられないかということで提案をしてまいりました。

<記者>
選挙権だけでしょうか?被選挙権は今後お考えになる余地があるのでしょうか?

<福本議員>
私は実際に市議会議員をやっております。田舎の場合はどうしても(議員は)地元にいなければならないというのがあります。今回(の提案)は被選挙権は外していますが今後の議会の改革を考えた場合は被選挙権も考えてゆかなくてはならないと思います。

<記者>
YouTubeで小林市の動画が大変人気になって現在非常に注目されていますが。

<福本議員>
おかげさまで140万PV以上視聴していただき小林市という名前が売れ始めました。この機会を逃すことなく、次の手でふるさと選挙という提案を活かしてゆけると思います。

 

(動画はこちら)


 

(地方議会ニュース編集部)

――地方議会のニュースをわかりやすく『地方議会ニュース』

 

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
地方議会ニュースの記事一覧をみる ▶

記者:

地方議会のニュースをわかりやすく、おもしろく伝えます

ウェブサイト: http://gikainews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP