体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岩下の新生姜の漬け液を何に漬けると一番おいしいのか調査してみた

f:id:naruse_e:20150924213359j:plain

非常に個性的なペンライトの発売や、「岩下の新生姜ミュージアム」をオープンしたことで話題になっている「岩下の新生姜」。販売元である岩下食品・岩下和了社長のTwitterを見ると、岩下の新生姜の漬け液にいろんな食材を漬けて食べている人のツイートが紹介されている。そこで、岩下の新生姜の漬け液に漬けて一番おいしい食材は何なのかを実際に試してみることにした。

 

いつも利用しているスーパーでは岩下の新生姜を取り扱っていないので、少し離れたスーパーへ行き、岩下の新生姜をゲット!

 

今回のメインは漬け液。ということで、新生姜自体は取り除いてタッパーへ保管。

f:id:naruse_e:20150924213447j:plain

せっかくなので、新生姜を1本いただいてみる。

 

ポリポリという食感と爽やかな酸味と、心地良く辛過ぎないピリ辛さ。食べていると喉のあたりがポカポカしてきて喉にも良さそうだ。おいしい。お酒も進むに違いない。

 

1本食べ終えたら作業再開。今回、漬けるために用意した食材はこちら。

f:id:naruse_e:20150924213504j:plain

エントリーナンバー1番、トマト。サラダでも熱を通したりソースにしたりと、いろいろな食べ方のできるトマトなら、新生姜の漬け液に漬けてもいけるのではないかと。

 

f:id:naruse_e:20150924213520j:plain

続いて、エントリーナンバー2番。アボカド。カフェメニューには欠かせないアボカドは、森のバターと言われるほど栄養も満点。美容にも良いので女性に人気の食材だ。まろやかで濃厚な口当たりと漬け液がどうコラボするのかに注目だ。

 

f:id:naruse_e:20150924213533j:plain

エントリーナンバー4番。うずらの卵の水煮。これは、岩下食品の公式ホームページでも紹介されており、おいしいと話題になっているから間違いないはず。

 

f:id:naruse_e:20150924213544j:plain

エントリーナンバー5番。チーズ。こちらも、以前筆者が岩下社長に実際にお会いした際に直接聞いたレシピなので自信あり。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。