体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

INFOBAR・ソニエリ・G’zOne KDDI夏モデルのAndroidスマートフォンはau懐かしのブランド含む全6製品

INFOBAR・ソニエリ・G'zOne KDDI夏モデルのAndroidスマートフォンはau懐かしのブランド含む全6製品

KDDIは、au向け2011年夏モデルの新製品発表会を開催しました。携帯電話やスマートフォンなど11製品が発表された中、Androidスマートフォンは6機種をラインアップ。人気を博した『INFOBAR』や『G’ZOne』のスマートフォン版、ソニー・エリクソンがauに復活など、au携帯電話でおなじみのブランドがスマートフォン向けに展開されるほか、3D対応モデル、10キーやフルキーボード搭載モデルなど、個性の強い製品がそろいました。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

全機種が最新のスマートフォン用OSであるAndroid 2.3を搭載。緊急地震速報へも対応するほか、auのスマートフォン向けに無線LANサービスを無料で提供する『au Wi-Fi SPOT』の6月末開始、ソーシャル電話帳アプリ『jibe』や『INFOBAR』向けウィジェットを皮切りに『Facebook』との連携を強化していくことなどが発表されました。各機種について発売日は公表されず、いずれも6月下旬以降、順次発売されるとのこと。

・3D撮影&裸眼立体視が可能な『AQUOS PHONE IS12SH』

『AQUOS PHONE IS12SH』

「3D×スマートフォン」として最初に発表されたのは、シャープの『AQUOS PHONE IS12SH』。昨日NTTドコモが発表した『AQUOS PHONE SH-12C』と同等の機能を持つ、ツインカメラによる3D撮影と3Dディスプレーによる裸眼立体視が可能なスマートフォンです。

3Dディスプレーを搭載 ドコモ版よりやさしいデザイン

攻撃的で男性向けなイメージだったドコモ版と比べて、au版は『IS03』に近い、女性にも受け入れやすいデザインを採用。ホーム画面には、『ISシリーズ』の国産スマートフォンでおなじみの丸いアイコンを配したOcean Observation社のユーザーインタフェースを採用しています。

カラーは3種類 背面

本体カラーもディープブルー、レッド×ブラック、アイスホワイトと、男女とも対象にした3色をラインアップしています。ターゲットは20~30代のエンタメ好き男女とのこと。「@ezweb.ne.jp」のEメール、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線に対応し、防水には対応しません。

『AQUOS PHONE IS12SH』主な仕様
サイズ:約W64×D130×H12.5mm
重量:約145g
連続待ち受け時間:約280時間
連続通話時間:約480分
ディスプレー:約4.2インチ QHD(960×540) 3D対応 NewモバイルASV液晶
カメラ:有効画素数 約805万画素 CMOS ツインカメラ
インカメラ:有効画素数 約31万画素
外部メモリー:microSDHC(最大32GBまで)
Bluetooth:3.0+EDR
無線LAN:IEEE802.11b/g/n
Eメール:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:対応
防水:非対応
カラー:ディープブルー、レッド×ブラック、アイスホワイト

・『G’zOne』がスマートフォンになった『G’zOne IS11CA』

『G'zOne IS11CA』

続いて「タフネス×スマートフォン」としてカシオの『G’zOne IS11CA』を発表。『G-SHOCK携帯』として知られる携帯電話『G’zOne』のスマートフォン版で、米Vrizon向けに発売された『G’zOne Commando』の日本向け製品。

米国版より四角い形状 背面デザインは米国版と異なる ちょっと分厚い

IPX5/IPX8相当の防水機能と、IP5X相当の防じん機能を搭載。厚みのあるゴロっとしたデザインと手触りが、ほかのスマートフォンと一線を画しています。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。