ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サム・スミス、遂にボンド最新作『007 スペクター』のテーマ曲公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 数々の予想やトラップを経て、結局はサム・スミスが手掛けることが明らかになったジェームズ・ボンド最新映画『007 スペクター』の主題歌。スミスは9月25日、同テーマ曲「Writing’s On The Wall」をBBCラジオ1の朝の番組で初公開した。同曲はSpotifyでも聴けるようになっている。

 「ボンドの視点に立ってみたんだ」と話すスミス。「僕の音楽は日記であり、僕の人生をかいつまんだもの。正直でありたいんだ。歌詞の中でも……“どんな風に生きればいいのか、どうやって息をするの?/君がここにいないと僕は息ができない”……ボンドの心の中を覗いたとき、彼にちょっとした弱さみたいなものが欲しかったんだ」と明かした。

 なお、スミスは同曲が公開できることに興奮を隠せない様子で、ツイッターには“かなり前から”この瞬間を待ち望んできたと綴っている。「みなさま、ついに……ジェームズ・ボンド2015の『007 スペクター』テーマ曲「Writing’s On The Wall」の公開です」「この瞬間を長い長い間、夢見てきた」

関連記事リンク(外部サイト)

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」全セッション収録のブートレグ第12弾発売、ナイル・ロジャース率いるシック来日決定:今週の洋楽まとめニュース
ザ・ストライプス 7月のソールドアウト公演の音源&映像を収録した来日記念盤が11月にリリース
ハリケーン#1 約16年ぶりのアルバムを12月に日本リリース、アルバム収録曲3曲のティーザー音源が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP