ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jolla、Sailfish OSタブレット「Jolla Tablet」をクラウドファンディングでの支援者に発送開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドのモバイル OS メーカー Jolla が Sailfish OS を搭載した初のタブレット「Jolla Tablet」を IndieGoGo での支援者に対して発送を開始したと発表しました。度重なる延期の末、ようやく発送が開始された模様です。Jolla Tablet は 7.85 インチ 2,048 × 1,536 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Intel Atom Z3735F 1.8GHz クアッドコアプロセッサなどを搭載した小型タブレットで、同社が開発している「Sailfish OS 2.0」を標準搭載しています。また、2GB RAM、32GB / 64GB ROM(Micro SD カード対応)、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、4,300mAh バッテリーなどを搭載しています。Jolla Tablet に搭載される「Sailfish OS」は Linux ベースのモバイル OS なのですが、Android アプリもサポートしており、Sailfish OS 2.0 で追加された Android 用のアプリストアを通じて、アプリをダウンロード・更新することができます。Jolla Tablet は Jolla の公式サイト経由でも販売されていますが、そちらで販売される端末は 10 月末に発送開始予定です。今回は IndieGoGo での支援者を対象としたものになります。Source : Jolla

■関連記事
既存のNexusに対するAndroid 6.0の配信日は10月5日?
Samsung、$99のVRヘッドセット「Gear VR」を発表
Google、Android 6.0をサポートしたGoogle Play開発者サービス 8.1のリリースを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP