ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも簡単にガーデニングできる!?センサーで庭のチェック&管理をしてくれるガジェット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

好きな草花を植えたり、野菜を育てたり…。ガーデニングは、身近な場所で、自然と触れ合う喜びを与えてくれる。

しかし、ちょっと手入れを怠ったり誤ったりすると、すぐ荒れ果てしまうのが難点。

・専用センサーが庭の状況をリアルタイムで追跡

そんなガーデナーたちの悩みを、一気に解決してくれそうなアイテムが登場。その名も、「EDYN GARDEN SENSOR」。

植物の生育環境に合わせてアドバイスをするアプリは、過去にも紹介したが、これはそこからさらに進化したシステムと言っていい。

「EDYN GARDEN SENSOR」の利用は、センサーを庭に植えるところから始まる。

このセンサーがリアルタイムで光や湿度、温度、土壌の栄養水分を追跡。Wi-Fi経由で、アプリに通知されるようになっている。

・特別な知識なしで楽々お手入れ

水の過不足や肥料の度合いも、これを見れば一目瞭然。今の状況で何をすればいいか、アプリがすべてアドバイスしてくれる。

専用のウォーターバルブを設置すれば、さらに便利。センサー及びローカル天気予報と連動しながら、常時必要な水分だけを、自動で庭に供給する。

充電器も必要なし。センサーは太陽光で動くので、陽当たりのいい場所なら、自然にパワーが蓄積される。

特別な知識や労力をかけずに、美しい庭を維持できる本システム。お値段は、99.97ドル。試してみる価値はありそうだ。

EDYN GARDEN SENSOR

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP