ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これひとつでOK! Bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケース『SNAPSTYK』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

これひとつでOK!Bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケース登場!

近年、スマホで写真を撮影する際に、自分自身も写真に写りこむ「自撮り」が大流行。各社「自撮り」用の商品を発表して、しのぎを削っています。

さて、「自撮り」を行うにあたり、一番困るのが「自撮り棒」の持ち歩き。

お出かけ先でも、いつでも「自撮り棒」を常に持ち歩いて、自撮りをする時には、すぐにスマホに取り付けて撮影をする事が出来れば良いのですが、結構「自撮り棒」自体がかさばる物なので、ついつい持ち歩くことを忘れてしまい、いざという時に、「自撮り棒」が無い、でも自撮りしたい、そんな状況が多々あります。

そんな、「自撮り棒」を持ち歩くのを忘れてしまう、といったユーザーの「困った」を今回くみ取ったのが、クラウドファンディングでお馴染みの、kickstaterです。
はたしてその商品とは・・・。

『SNAPSTYK: The First Cell Phone Case and Selfie Stick in One』:これひとつでOK!bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケースです。

取り急ぎご報告致します!

これひとつでOK!Bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケース『SNAPSTYK: The First Cell Phone Case and Selfie Stick in One』とは?

kickstater/SNAPSTYK: The First Cell Phone Case and Selfie Stick in One
https://www.kickstarter.com/projects/1236008458/snapstyk-the-first-cell-phone-case-and-selfie-stic

SNAPSTYK: Cell Phone Case and Selfie Stick in One
https://youtu.be/xuq5Jv5swX4

『SNAPSTYK』は、Bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケースです。

『SNAPSTYK』は、美しくデザインされた、耐久性のある『自撮り棒内蔵スマホケース』です。『SNAPSTYK』は、スリムスタイリッシュで頑丈であり、ポケットやバッグに収められていても、容易に取り出す事が可能です。

現在、『iPhone 6』と『Samsung Galaxy S6』用のケースが用意されています。

『SNAPSTYK』の自撮り棒の部分は、11インチ(約28cm)まで伸ばすことが可能です。

『SNAPSTYK』内蔵の多機能ボタンは、スマホとBluetoothで接続する事により、スマホのカメラを制御します。『SNAPSTYK』の電源をONにしたら、30秒後に自動OFFする事も可能です。

『SNAPSTYK』のヘッドは、ポートレートや風景の撮影の為の最適な角度を得るために、垂直方向または水平方向に回転させる事が出来ます。

『SNAPSTYK』は、スマホを取り付けても、コネクタや、マイクとスピーカー端子と干渉する事はありません。

『SNAPSTYK』は、スマホの前後カメラで撮影が可能です。

『SNAPSTYK』は、とってもスリムで耐久性にすぐれ、頑丈です。

「Bluetooth対応自撮り棒内蔵スマホケース『SNAPSTYK: The First Cell Phone Case and Selfie Stick in One』。 
スマホを「自撮り棒」に取り付けて、自分を撮影したい、でも、つい、「自撮り棒」を持ち歩くのを忘れてしまう、といったユーザーには、たまらない逸品ですね!」

※クラウドファンディングや海外通販への出資や購入については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。クラウドファンディングや海外通販の世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※『SNAPSTYK: The First Cell Phone Case and Selfie Stick in One』の記事の執筆に当たっては、SnapStyk様に執筆の連絡を行っております。
※イラスト:かわいいフリー素材集 いらすとや http://www.irasutoya.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP