ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】社会人の参加も解禁!大人気の大学生/院生限定SNS「Lemon」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学生/院生限定のSNSとして、7月にリリースされた「Lemon」。

反響は予想以上に大きく、わずか2か月で多くのユーザーを獲得。大学や居住地を超えた交流の場として、幅広く活用されている。

そんな「Lemon」が、このたび新たに “社会人の入会”を解禁。より広範囲な親交を、提供していくという。

運営会社は、男女2人組で起業したLIP。共同創業者兼取締役の関口 舞(せきぐち まい)氏は、個人で純愛専用アプリを立ち上げた経歴の持ち主。

早速、ご本人から詳しい話を聞いた。

・安心かつ気軽に使える限定制SNS

Q1:まずは、「Lemon」提供のきっかけと経緯から、お聞かせください。

弊社は“、インターネットの力で人間関係を広げたい”という理念のもとに、始まりました。

このテーマに対してさまざまなアプローチを試みる中で、本当に親しい人間関係を、オンラインで作るために重要な要素は、“信頼感”“適度な匿名性”“共通の興味や話題”であることがわかりました。

その3点を満たし、“職場や学校以外の人とも話したい”という人たちにとって、一番安心して気軽に使えるSNSをめざし、「Lemon」を立ちあげました。

Q2:大学・院生限定SNSであった本サービスで、あえて社会人を受け入れることにしたのは、なぜでしょうか。

もともと「Lemon」は、あらゆる学校/職業の方に、普段のコミュニティ以外での気軽な交流のとして、お使いいただけるサービスをめざして立ちあげたものです。

最初は、信頼性のあるコミュニティ作りの仮説検証のために、限られた“大学生/院生”という層に特化して開始しましたが、一定のコミュニティができてきたこと、ユーザーからの要望も多かったことから、社会人の入会を開始しました。

・世界中の人と交流できるサービスにしたい

Q3:本サービスを利用することで、ユーザーには、どのようなメリットが生じているのでしょうか。

実際に、今までユーザーさんからいただいた具体的なご報告として、“北海道在住で研究室以外のつながりがなくて困っていたが、「Lemon」で同じ研究テーマに取り組む全国の学生と情報交換でき、仲良くなれて、就活にも役立った”“イギリス留学に関するスレッドでの交流をきっかけに、同じ留学経験者同でメッセージのやりとりを開始し、お付き合いに発展した”(中略)といったものがあります。

また、「Lemon」では、アカウントは匿名となっており、写真は本人が判別できない程度の極小のものしか、使用していないんです。そのため、本音で気軽に書き込みやメッセージができる、という点も好評です。

Q4:今後の展開について教えてください。

まずはアプリ化し、より気軽に使っていただけるサービスをめざします。また現在、アメリカ・韓国・イギリスのメディアでも話題になったことから、英語圏のユーザーが生まれて、英語のスレッドも立ち始めています。

今後は英語対応、海外展開も進めていきたいです。ゆくゆくは、世界中の人と交流できるサービスになれば、と思っています!

Lemon

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP