ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふわっふわの生地が美味しい『豚玉』を食す @『花華』大阪 東心斎橋

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大阪と言えば関西焼き、もとい”お好み焼き”ですが店が多すぎて、どの店を選んで良いのか悩んでしまいますよね。

特に有名店ともなると行列も出来るので、時間的に余裕が無いと難しい場合もあります。

しかし!

老舗や有名店でなくとも、探せばいくらでも美味しい”お好み焼き屋さん”があるのが本場大阪の良い所です。

と、言う訳で今回は微妙にマニアックな『花華』で食べて来ました。

ちょっと一杯派に朗報! セットがお得な『花華』

表の看板にあった『ばんしゃくセット』(1000円)が超気になった筆者は、迷わずオーダーしてみました。

すでにビールは欲していないのですが、プラス350円でビールが飲めるなら飲むしかありません!

結果、こんな感じの”冷や奴”も付いて来ました。

お好み焼きが焼けるまでの時間も、この”冷や奴&ビール”があれば苦痛ではありません。このセットはイチオシです。

『花華』で豚玉を食す!

そして、いきなり実食に移ります。

無論、筆者のオーダーは”お好み焼き”の王道『豚玉』(650円)一択で御座います。

「お好み焼きは豚玉に始まり、豚玉に終わる」

さて、多くの豚玉を食して来た筆者を、この『花華』の豚玉は満足させる事が出来るのでしょうか?

鰹節が踊る『花華』の豚玉!

そして『花華』の豚玉の降臨です。

「鰹節が踊っているだと!」

筆者的には鰹節系なら”花鰹節”よりも”粉節”の方が好みですが、やはりこのビジュアルは捨てがたいですね。

豚玉の熱気でユラユラと揺れる鰹節を見ていると、心が癒されます。

と、あまり癒されていると鉄板の上にあるとは言え、冷めてしまうのでさっさと食べましょう。

生地がふわっふわな『花華』の豚玉

ひとくち食べると、この『花華』の生地の美味しさに驚かされます。

正直、なんとなく評判も良いし価格も安めなので入ったのですが、想像の3倍美味しかったですね。

特に生地の柔らかさは特筆に値します。

当然、生地の味と言うか出汁も良い感じで、これぞ大阪の”お好み焼き”と呼べる一品です。

”広島焼き”もとい”広島のお好み焼き”にはない、フワッフワの生地の食感は、やはり”お好み焼き”の醍醐味ですね。

ちなみに御主人は、あの『美津の』で修行した実力者らしく、そう考えればこの生地の美味しさも納得です。

豚も良い感じの『花華』

あくまでも”生地の美味しさ”を愉しむ為の豚肉ですが、やはり豚肉の質は大事ですね。

豚のバラ肉から出る脂を使って、揚げ焼くように焼くのが”豚玉”の肝と言えます。

そして豚肉自体の旨さも重要で、食べたときにソースに負けてしまうような豚肉ではイマイチです。

『花華』 総評

正直、大阪の”お好み焼き”に関しては文句無く美味しい店が多いのは認めますが

「豚玉なのに微妙に高いんじゃね?」

みたいな店も少なくありません。どうせ観光客なら高くても美味けりゃ食うだろみたいなオーラが、メニュー表から感じられます。

そりゃ観光で行ったら”数百円の差で諦める”って事はないかもですが、そういうスタンスには同意出来ません。

その点、この『花華』は値段も良心的、接客も柔らかく高評価と、地元民にも愛される価値ある店と言えるでしょう。

むしろ、筆者も『花華』が近所に一軒欲しいくらいです。

と、言う訳でメディア的には、まだまだ有名ではありませんが、筆者的には超イチオシの店ですね。

是非、みなさんも『花華』で美味しい”お好み焼き”の数々を堪能してみて下さい。

『花華』

大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-6

11:30~24:00 金・土 11:00~26:00
定休日:木曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP