ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、フィットネス・健康管理アプリ「S Health」を他社スマートフォンにも提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がこれまで Galaxy スマートフォン限定で提供してきたフィットネス・健康管理アプリ「S Health」を他社のスマートフォン向けにも提供開始しました。S Health アプリはスマートフォンや連携可能なセンサーデバイスをつかって歩数や消費カロリー、睡眠時間などの様々な健康データを記録・管理できるアプリです。アプリの特徴は、水分やカフェイン摂取量、血圧や血糖値、ストレス、体重、食事といった他のアプリではサポートしていない生活データや、アプリ自体にスポーツトラッカー機能が備わっており、ランニングやウォーキング、ハイキングなどの運動も記録できる多機能なところです。さらに、アプリ自体にはランニングを計測する機能が備わっているのですが、Nike+ Running アプリとも連携しています。S Health はアカウント不要で利用することもできますが、Samsung アカウント(Galaxy アカウント)でログインすると、Galaxy スマートフォンとデータを同期できます。「S Health」(Google Play)

■関連記事
iiyama PC、8インチ / 10インチのAndroid 5.0タブレット「TC8RA5.0」と「TC10RA5.0」を発売
Googleが9月29日の「Googleイベント」開催を正式に告知、「Nexus 5X」や「Nexus 6P」などを発表か?
Microsoft、企業や団体向けのメッセージアプリ「Send」のAndroid版をプレビュー公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP