ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう数字に惑わされない!?真の健康管理をかなえるスマート体重計「QARDIO」が便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食欲の秋とともに気になってくるのが、体重の管理。目盛の増減に一喜一憂している人も、多いと思われる。

しかし、ここで大切なのは、数字の上下ではなく、いかに健やかな体を保つかということ。

数字に惑わされず、適性な体重を維持していくことこそ、真の健康管理と言えるのではないだろうか。

・長期的な視野で健康を管理

そこで登場したのが、この「QARDIO」。スタイリッシュなビジュアルと、毎日の健康管理に必要不可欠な機能を両立させた、これまでにないスマートデバイスである。

「QARDIO」は、体重はもちろん、体格指数(BMI)、筋肉量、体脂肪率、水分及び骨組成も測定。

これだけなら普通のスマートヘルスメーターと同じだが、本品には独自のスマートフィードバックモードを搭載。フィットネスの目標達成に向けて、さらに広い見識を提示し、長期的な視野における体重コントロールを実現する。

・スマイリーフェイスで進捗状況をお知らせ

最大の特徴は、何と言っても、目標に対する進捗状況が、一目でわかるところ。

デバイスの上に乗り、順調に体重管理が進んでいる場合は、表面にスマイリーフェイスが表示される。

重さに変化がなくても、心配はいらない。数字だけではわからない体重変化の停滞期も、デバイス内のモードが判断。今あなたの体がどういう状況にあるか、知らせてくれる仕組みだ。

きちんと測定が行われていれば、触覚フィードバックが、穏やかな振動でそれを通知するし、目標に向かって進歩が見られる場合には、スマイリーフェイスの心のご褒美も得られる。

・妊娠モードも搭載!アプリとの連動でより便利に

妊娠モードも搭載されているので、妊婦さんの体重管理にも最適。アプリを使ってデータを蓄積し、医師や家族と情報を共有することも可能だ。

至れり尽くせりのスマート体重計、「QARDIO」。現在、ホームページでプレオーダー受け付け中。初出荷は、9月25日の予定だ。

QARDIO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP