体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ちきゅう』陰謀説のバカさ加減

e381a1e3818de38285e3818601

今回は山本弘さんから、ブログ『山本弘のSF秘密基地BLOG』の記事を元に加筆した原稿をご寄稿いただきました。

『ちきゅう』陰謀説のバカさ加減
ちょっと想像してみてほしい。
あなたが何も悪いことをしていないのに、ある日突然、ネットで悪評を立てられたら。それもただの悪口ではなく、「あいつは大量虐殺者だ」というおぞましいことを、何十人何百人もの人間が真剣に主張していたら?
そんな恐ろしいことが、今、この日本で現実に起きている。

『ちきゅう』は2005年7月に完成、JAMSTEC(海洋研究開発機構)が運用している地球深部探査船である。水深3000メートルの海底から7000メートルの深さまで掘削できる性能を有しており、地球内部の解明を目的とする国際プロジェクト、IODP(統合国際深海掘削計画)の主力船の一隻として調査活動を行なっている。

『ちきゅう』公式サイト
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/index.html

ところが、東日本大震災の直後、この船に陰謀論者たちが目をつけた。
この船は地下10キロまで穴を掘れる。今度の地震も、震源の深さは地下10キロだった。この船が穴を掘って原爆を仕掛け、地震を起こしたのだ!――というのだ。
僕が最初に気づいたのはこのブログ。書かれたのは3月20日である。

私が不思議に思っていたのは、この地震の生じた時に、掘削船地球がどうしてそんな危ない所にいたのかということである。その理由は分からなかったが、どういうわけか、ちきゅうはかなり地震に近い場所にいた。なぜだろうか? そういえば、NZのクライストチャーチの大地震でも地球掘削プロジェクトが存在した。偶然の一致だろうか?

「「井口和基 デマ」、1980年生31歳、工学修士?:何このデマ?」2011年03月20日『Kazumoto Iguchi’s blog』
http://quasimoto.exblog.jp/14462938/

『ちきゅう』は3月11日、青森県八戸港に停泊中であった。震災が発生した時、ちょうど八戸市立中居林小学校の児童48人が見学のために乗船していた。船は大津波による被害を避けるため、急遽、児童を乗せたまま離岸した。
『日経サイエンス』2011年6月号の記事によれば、

津波は『ちきゅう』が港内から出る前にやってきた。ブリッジでは操船に全力が注がれたが、全長約200m、総トン数約6万トンの巨大な船体が狭い港内で大きく回転、船尾の推進装置一基が岸壁にぶつかり、脱落した。

とある。

『ちきゅう』は丸一日、漂流を続けたが、48人の児童は、翌12日の午後1時半すぎ、海上自衛隊のヘリで救助されている。

「探査船見学の児童48人、海自ヘリで無事救助」2011年3月12日『読売新聞』
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110312-OYT1T00581.htm
「「ちきゅう」船内泊の小学生らヘリで救助」2011年3月12日『デーリー東北』
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2011/03/13/new1103131603.htm

地図で見れば分かるが、今回の震災の震源地は宮城県沖で、八戸から200キロ以上離れている。つまり地震が起きた時、『ちきゅう』は「かなり地震に近い場所」になどいなかったのだ。
ちなみに『ちきゅう』は3月15日から、八戸沖80キロの海域で、「深部石炭に支えられた海底下炭化水素循環と生命活動」を研究テーマに、海底から2200メートルまで掘り進む計画だった。だが、震災で船体を損傷したため、掘削計画は中止されている。*1

*1:「下北八戸沖石炭層生命圏掘削」『「ちきゅう」情報発見サイト 地球発見』
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/Expedition/exp337.html

今回、48人の児童が乗船していたことでも分かるように、『ちきゅう』は見学会や乗船体験を頻繁に受けつけており、大変にオープンな体制である。少し検索するだけで、これまで日本各地で行なわれた見学会の模様がヒットする。

・横浜
「「ちきゅう」見学」『山賀 進のWeb site』
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chikyu-kengaku.htm
・大阪
「地球深部探査船「ちきゅう」見学」2006年06月19日『京都大学大学院工学研究科 環境資源システム工学講座』
http://earth.kumst.kyoto-u.ac.jp/CHIKYU.html
・神戸
「地球深部探査船「ちきゅう」見学」2006年06月13日『蒼き清浄なる海のために』
http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/article/49/
・長崎
「2004年9月9日-10日 三菱重工長崎造船所 地球深部探査船「ちきゅう」見学」『林の頁』
http://www.asahi-net.or.jp/~zq9j-hys/040909chikyu.htm
・沖縄
「地球深部探査船「ちきゅう」見学での写真」2010年10月14日『FROMのBLOG』
http://form0915.blog99.fc2.com/blog-entry-86.html

これらを見れば、『ちきゅう』は一般人も気軽に見学ができて、自由に撮影もできるということがお分かりだろう。
もちろんテレビの取材も何度も入っているし、映画『日本沈没』(2006年)の撮影に使われたこともある。多くの人の注目を集めている中、こっそりと宮城沖に出かけていって穴を掘るなど、とても無理なのである。

さらに言うと、東日本大震災の震源の深さは“10キロ”ではなく24キロである。つまり、『ちきゅう』の掘削能力の限界を2倍以上も超えているのだ。
実は震災の発生直後、震源の深さが“10キロ”と発表されたことがある。それはすぐに修正されたのだが、陰謀論者の多くは、いまだに「震源の深さは10キロ」と信じているのだ。
今回の震災に限ったことではなく、地震の第一報が発せられた時、現地の気象台はまだその全貌を把握しておらず、とりあえず“10キロ”とか“20キロ”というキリのいい推定値を発表することが多いのだ。2008年の四川大地震も、2010年のハイチ地震も、当初の速報では、震源の深さは“10キロ”と発表されていた。しかし、データが集まってきて正しい震源の深さが分かってくると“19キロ”“13キロ”に訂正されている。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。