体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱帯魚は引越し屋さんで運べない!自力で運ぶ方法は?

熱帯魚は引越し屋さんで運べない!自力で運ぶ方法は?

5月の連休明けに引越しをした筆者。6LDKから3LDKへの引越しだったのでいろいろ大変だったが、盲点だったのは熱帯魚。筆者宅では「ベタ」という闘魚を飼っている。どうやら引越し会社では扱ってくれないらしく、別に会社を頼むか自力で運ぶ必要があるようだ。
方法を模索した結果。近場への引越しだったこともあり、自力で運ぶことに。その経験をもとに、熱帯魚の自力引越しについて紹介しよう。
熱帯魚の引越しは専門会社に頼むか自力かゆうパック

引越し会社がペットや観葉植物を運んでくれないのは、たいていの引越し会社が「標準引越運送約款」に則って自社の約款を決めているからだ。その4条には「動植物は引越運送の引受けを拒絶することがある」という規定がある。

引越し会社に直接聞いてみると、犬や猫はケージに入れて引越しする本人といっしょに移動させるのがいちばんいいという。クルマがベストだが、列車や飛行機も別に料金を払えば乗せられる。は虫類や鳥などの小動物も普段ケージや籠に入れて飼っているものならOKだ。

植物の場合は、トラックの荷台に空きがあれば「枝が折れたり花が落ちたり鉢が壊れたりしても文句はいわない」と一筆入れれば、だいたいどの引越し会社も運んでくれるようだ。

では我が家のベタはどうすればいいのか。40 cm×25 cm×25cmの水槽では2種類の水草が元気に育ち、以前住んでいた国分寺市を流れる野川から連れてきたカワニナが水ゴケやベタの糞を食べて世代交代している。非常に安定した状態の水槽だったのだ。魚を飼った経験のある人なら分かるだろうが、水槽の安定状態を維持するのは簡単ではない。

いちばん安心と思えるのは熱帯魚水槽の引越しを専門にやっている会社に頼むことだ。インターネットで探すといくつかヒットしてきた。そのなかのひとつを見ると、魚のパッキングから、水槽の解体、輸送、セッティングそして魚を放すまでやってもらえて、料金は2万円ちょっと出るぐらい(移動距離が30kmまでで幅30 cmの水槽の場合)。幅90cmでも5万円でおつりが来る。

近距離ならいいが東京から沖縄や北海道など遠隔地へ引越す場合はどうだろう。この会社は距離が遠くなると1kmにつき100円が加算されるとあるから、単純計算で1000km離れたら10万円プラスということだ。なかなか大変な額だ。こんな大金を払えないときはどうしたらいいのか。

そのとき頭に浮かんだのは、宅配便で魚だけ送り、水槽などは水を抜いた状態で引越しの荷物といっしょに運んでもらうというアイデアだ。通販で熱帯魚などを注文すると酸素を入れたビニール袋に魚を入れ、それを段ボール箱に入れて送ってくる。そのやり方を見習おうというわけだ。厚手のビニール袋やそこに入れる酸素、魚の糞などで水が汚れるのを防ぐ薬剤などは通販で手に入れることが可能だ。

問題は、こうして梱包した魚を宅配会社が運んでくれるかどうかだ。結論からいうと大手の宅配会社のうち電話の窓口で明確にOKだと答えたのは日本郵便のゆうパックだけだった。
ヤマト運輸の宅急便は受け付けられないという答え。

「ネットで注文すると販売会社から熱帯魚が宅配便で送られてくるが」と食い下がると、あれは試験的に輸送をしたうえで契約を結んでいるのだという。個人の客から生きた魚を預かることはできないというのだ。西濃運輸のカンガルー特急便はペットの輸送を受け付けているとホームページでうたっているが、やはり魚は無理との返事だ。

結局今回は引越し先が歩いて15分ほどの場所だったこともあり、自力で引越しすることにした。熱帯魚の自力引越しの準備は1カ月前から

熱帯魚を引越しさせるための準備は1カ月前からはじめるのがいい。ベタはかなりタフな魚なので今回は行わなかったが、デリケートな熱帯魚の場合は1カ月ほど前から1週間ごとに水換えを行い、魚を水換えに慣らしておく必要がある。

また、長距離の引越しでは難しいかもしれないが、水槽の引越しは家財道具の引越し当日ではなく翌日にした方がいい。家財道具の配置が終わらないと水槽の設置はできないからだ。こうしたスケジュール管理も熱帯魚の引越しには重要である。

つぎに検討したのは水槽の温度管理。熱帯魚であるベタの場合、いつもは水温26度を保つようにヒーターで管理していた。引越しは5月の連休明けなので気温は20度前後、ヒーターを切ってもすぐに急激な温度変化はないものと考え、特別な温度管理はしないことにした。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会