ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

考えるだけで目的地へ着く!?手の平に経路が表示される驚きの近未来型GPSデバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真珠より小さな、2つのビー玉。これが未来のGPSになり得る可能性を秘めているなんて、誰が想像できるだろうか。

フィンランド、アールト大学の学生、Sara Vrbinが考案したのは、バイオプロセッサーを応用したGPSデバイス「BriAInfu」。

行きたい場所を、頭の中で想像するだけ。手の平にのせたビー玉によって、目的地まで誘導するという、画期的なシステムである。

・脳から発信される暗号で目的地へ誘導

バイオプロセッサーによって、脳から発信される信号をデータ化し、皮膚上に映し出すというのが、この技術の概要。

その中でセンサーの役割を果たすのが、皮膚に粘着する素材でできた、2体のビー玉である。

ビー玉は大小2つで1組。一度装着すれば、手の上に載せても落ちることはない。

玉を置いたら、音声コマンドで行きたい場所を宣言し、指先でビー玉を引っ張る。

これを合図に、2つの玉に相互作用が発生、大きい方が目的地をマッピング、小さい球が到達するまでの時間を表示する仕組みだ。

・指を使った動作で多彩なインフォメーションをゲット

場所をズームインしたいときは、親指を曲げながら残りの指を広げる。ズームアウトしたければ、親指はそのまま、4本を逆にくっつければいい。

目的地までの交通手段や現在地の情報も、こうした指の動作で簡単に入手できる。

こんなことを繰り返すうち、最も行きやすい手順で目的地へと誘導。ポイントに近づくと、球体が心地よい熱を帯びて、それを通知する。

映画みたいな話だが、これは現実。ただし、今のところ、Sara個人のホームページで発表しただけの段階なので、商品化は未定だ。

従来のGPSで満足、という意見もあるだろう。しかし、バッテリー切れや電波が届かないといった心配がなくなることを考えると、こちらの方が優位性は高そうだ。

BriAInfu

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP