ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ファンをないがしろにした報い」 『進撃の巨人』後編は『前田有一の超映画批評』で30点

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

人気コミック『進撃の巨人』の実写版映画の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が9月19日より公開となる。
前編は8月1日より公開となったが、

「カリモクのソファーを抱いて溺死しろ」 映画『進撃の巨人』のYahoo!映画レビューが大反響
http://getnews.jp/archives/1076332[リンク]

という記事でお伝えしたように、樋口真嗣監督や西村喜廣特殊造型プロデューサーのSNSでの発言がネット上で話題となっていた。樋口監督は『Facebook』にて映画評論家・前田有一さんの『超映画批評』の

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」40点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/02014.htm[リンク]

という記事について言及していたのだが、その前田さんは今回の後編について

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」30点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/02032.htm[リンク]

と採点。「ファンをないがしろにした報い」と評し、今回の騒動についてもかなりの長文で言及している。

さて、伝えられるところによると樋口真嗣監督は、前田有一は試写室に出入り禁止のはずで、試写状も送っていないはずとの「宣伝部」からの伝聞をインターネット上で公開したという。これはマスコミでも報じられたから、当サイト読者や私に仕事を依頼している媒体の方々など、大勢を困惑させたことだろう。前田という男は呼ばれてもいない試写会に押しかけたのか、あるいは中国の違法サイトの海賊版でも見たのか、もしくは見てもいないのに批評を書いたのではないか、と。

と語り、東宝試写室の建物前で撮ったという試写会の案内の写真もアップ。

さて、そろそろ本題の映画批評に入ろう。結論からいうが、この後編もひどい出来栄えである。

と続け、本編についてはかなり手厳しい批評を行っている次第である。

※画像は『超映画批評』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP