ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、健康管理機能「Moto Body」を単体アプリ化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola がこれまで「Moto Connect」の機能として提供してきた「Moto Body」を単体のアプリとして Google Play ストアにリリースしました。Moto Body とは、スマートウォッチのデータを活用した健康管理アプリです。Moto 360 で取得した、歩数、消費カロリー、心拍数・心配活動のデータを記録して、ユーザーにレポートを提供します。単体アプリになって Google Fit 程度の健康データの確認が可能になりました。まずは、アプリドロワーの「Moto Body」からアプリを起動できるようになり、データの概要をまとめて閲覧できるダッシュボードが追加。週次 / 月次 / 年次のレポートをグラフなどで確認できるようになりました。また、運動時間に関する目標を設定してその進捗率を計算することも可能になりました。Moto Body」(Google Play)

■関連記事
NVIDIA SHIELD Proのごく一部HDDの不良が見つかる
Proximity Lock : スマートフォンの近接センサーで画面をロックするAndroidアプリ
Xperia Z5が007の「Made for Bond」プロモ動画に登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。