ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栗の採れる2カ月だけのぜいたくな味わい!最高級栗蒸し羊羹「極」が今年も登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実りの秋、栗の採れる2カ月だけのぜいたく!日本一の収穫量を誇る茨城県笠間産の大粒新栗をふんだんに使った、しもつけ彩風菓松屋の最高級栗蒸し羊羹「極」が、9月12日より今年も登場する。

期間限定「極 栗蒸し羊羹」(1棹4950円)は、通常タイプの「新栗 栗蒸し羊羹」(1棹1560円)の3倍の新栗を混ぜ込み、重さは2.5倍と、これまでにないぜいたくな羊羹になっている。

余計なものは一切入れず、材料は栗、小豆、砂糖、小麦粉、でんぷん、塩だけ!

栗は、日本一の収穫量を誇る茨城県笠間市の新栗を100%使用。新栗の風味を味わってもらいたいと、採りたて、剥きたて、鮮度にこだわり毎日直送しているという。

蒸し羊羹は、北海道十勝平野で収穫された小豆を使用。新栗を引き立たせるように、自家製餡にこだわり、渋切り煮上げる時間を加減する。気温や湿度によって、羊羹生地の上がり具合をかえるなど、手づくりだからこそできる絶妙なあんばいで仕上げられている。

栗の採れる時期は約2カ月。この期間だけつくられるぜいたくな味わいを、ぜひご賞味あれ!詳しくはこちら(http://saifuuka-matsuya.com)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP