ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneをMac連携の液晶タブレット化するアプリ「Astropad Mini」が便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザインやイラストなどの製作、写真の編集をMacで行うという人は要チェックのアプリがリリースされた。

MacとiPhoneを連携させ、どちらの端末からもシームレスに作品に手を加えられるという「Astropad Mini」だ。

・タイムラグなし

このアプリは、すでにiPad用が展開されていて、今回はそれに続くものとなる。iPad版と同様、それぞれの端末に専用アプリをダウンロードして使う。

このアプリの特徴はまず、タイムラグなしにMacとiPhoneを連携させられるという点。

連携はワイヤレスでも、有線でもでき、どちらかの端末で手を加えた後に反映されるのをじっと待つ、という必要はない。AirPlayよりも高速に連携する。

・スタイラスにも対応

加えて、クリエイターに嬉しいのが、グラフィックツールが充実していて、感圧式スタイラスも使えること。iOSデバイスで使えるスタイラス全てに対応する。

例えば、Macで描いたイラストの下書きをiPhoneで開き、手を加えたい箇所を指でピンチズーム、さらに手持ちのスタイラスで細部を描くということができる。

・元Appleエンジニアの実力

MacとiOSデバイスをミラーリングできるのも、iOSデバイスを液晶タブレット化できるのも、MacやiOSデバイスのことを知り尽くした元Appleのエンジニア2人が開発しているからこそだ。

アプリは有料。現在、リリースを記念して半額の600円となっているので、興味のある人は今がお得に購入できるチャンスだ。

Astropad

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP