ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“人種のパッチワーク”がテーマ!ベルリンに現れた巨大壁画が迫力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツの首都・ベルリンと言えば、現代アートの最先端を行く街。

そのベルリンに巨大な壁画が現れた。

その大きさは、なんと350平方メートル(畳・約211枚分)

よく見れば、目や鼻、口の形がパッチワークになっている。

これはベルリン在住のアートデュオ、Various&Gouldの作品。

タイトルは「FaceTime」という。

人間の多様性を表現するために、いろいろな人種や性別の顔のパーツを組み合わせ、“人物の壁画”を制作。

「人種の違いというのは、誰かに教えられたものに過ぎない」

と彼らは語る。

「先入観をなくしてみれば、顔は顔、人は人だ」

彼らの「FaceTime」シリーズは、現在も継続して制作されている。

人類の豊かさを讃えた“壮大なアート”について、さらに知りたい方は、下記サイトをチェック!

variousandgould.com
http://www.variousandgould.com/en/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP