体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絵描きさんだけのものじゃない!? 改めて考えるペンタブレットの魅力

“ペンタブレット(ペンタブ)”というツールをご存知だろうか。
簡単に説明すれば“パソコン(PC)上で絵を描くためのツール”だ。
マウスで絵や文字を描いた経験が誰しも一度はあると思うが、なんとも描きづらく、結局断念してしまった人も多いはず。しかしペンタブはそんなストレスを感じることなく、あたかも紙の上に描いているかのように絵や文字をスラスラと描けてしまう、絵描きさんにとっては素晴らしいツールだ。

PCで絵を描く人にとって、なくてはならないこの便利道具。だが、果たして絵描きさんだけが得をするアイテムなのだろうか? そこで、思い立ったが吉日。色々と検証してみたい欲求に駆られて、紙を見るとつい謎の立方体を量産してしまう私が“紙資源の無駄遣いを防ぐ”という浅はかな名目のもと、購入してみた。ちなみに言うと、私に絵心は全くと言って良いほどない。
今回私が購入したのが冒頭の写真、Wacomの『BAMBOO PEN』。

ペンタブレットの価格は安くて3000円代から、高い物になると10万円(!)近くまでとても幅広い。その中でもこの『BAMBOO PEN』は実売で5000円~7000円とかなりお手ごろで、品質の評判も良く、私のような初心者の入門用にはもってこいだ。箱を開封した中身もご覧のとおり非常にシンプル(撮影のため包装は外してある)。

主な内容物は
・タブレット本体
・ペン
・インストールCD
の三点のみで、本体は非常に軽く、これでほんとに大丈夫か? と問いたくなるほどに薄い。インストールも簡単で5分程度で終了した。その後、とりあえずは絵を描いてみなくてはと、ペンタブの性能を生かせる筆圧感知機能付きのフリーソフト『AzPainter2』*1 をインストール。これがフリーとは便利な時代である。さて、いざペンを握りスラスラスラリと執筆開始……!

*1:『AzPainter2』
http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/soft/azpainter2.html

こいつ、書けるぞ! 最初こそ“少々扱いづらいペン形マウス”程度の感覚でしか操作できなかったが、慣れてしまえばそこから先は本当のペンを握っている感覚に。手元ではなく画面を見ながら書き物をするというのも不思議と違和感はなく、“ブラインドタッチ”よりも数段楽だ。書き味はまるでインクのキレが良いペンのようで、その心地よい書き味が病みつきになり、気づけば30分近く立方体を描き続けていた。時間は無駄になったが、まぁいいだろう。インク代もかからないし。

ペンタブの本業は立方体で味わったので、今度は“絵以外の目的”で触ってみることに。まずは、“メモ取り”。PCの傍らにメモ帳を置いておき、何かをメモする人は多いと思うが、うっかり書いたメモをなくしてしまった! なんてことはないだろうか。そんなうっかりを防止するには、ペンタブの出番だ。“ペイント”等の描画ソフトを起動してささっとメモを取り画像として保存しておけば、紙を失くしてしまうような心配はなくなるし、メモが増えても整理が簡単だ。更に“紙資源の節約”もできるとあって、正に一石三鳥。ちなみに、私が購入した『BAMBOO PEN』ならば、起動、保存がスムーズに行えるメモ帳ツールがあらかじめ付属されており、下記の画像の様なメモが楽に取ることができた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会