ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SCANDAL ワールドツアー追ったドキュメント映画のトレイラー公開 RINA(dr,vo)が見せた涙の真相は!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9か国41公演のワールドツアーも大成功に収めたガールズバンド日本代表 SCANDAL。そのワールドツアーの軌跡を追ったドキュメント映画の最新トレイラーが到着した。

 10月17日よりユナイテッド・シネマほか全国の映画館にて封切となる、映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』の最新トレーラー(https://youtu.be/wEpJkul7AT0)が届いた。ワールドツアーから世界8か国10公演に完全密着し、海外での活躍の模様やメンバーの素顔が収められたドキュメンタリー作品となっている。また、本日公開されたトレーラーには、笑顔の4人のほかにRINA(dr,vo)が涙をみせるシーンもあるのだが、普段見せない彼女の涙の真相は!?

 そして劇場限定でリリースとなる主題歌「ちいさなほのお」も初解禁されている。

 さらには、9月9日リリースとなる新曲「Sisters」のCD購入者&配信購入者の中から、それぞれ30名(CD購入者)と5名(配信購入者)が10月上旬都内某所で開催される映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』がどこよりも早く観られる先行試写会に招待されることも決まっている。

◎ROCKIN’ON JAPAN編集長・小柳大輔コメント
僕はSCANDALが大好きだ。
なぜかというと、自分たちの振る舞いやイメージにどこまでも責任を取ろうとしている、とても気持ちのいい4人だからである。
弱音を吐かない――どころか、弱っている姿すら匂わせもしない。
しかも、その振る舞いの影にある何かが精一杯の「頑張り」としてバレてしまうのではなく、あくまでナチュラルにその姿勢が保たれているのもすごいことだと思う。

このドキュメンタリーフィルムの中で、4人は何度も何度も「楽しい!」と叫ぶ。
SCANDALほど、「楽しい!」に貪欲なバンドはいない。そして、この姿勢こそが、4人をして「SCANDALのプロ」でいさせ続ける最大の秘訣なのだろうとも思う。

だが、ファンはきっと知っているだろう。
この「楽しい!」こそが、4人の心を支える魔法のような言葉なのだ、ということを。
このドキュメンタリーフィルムは、こちらが目を隠してしまいたくなるほど赤裸々に4人の姿をとらえていく。

どんなシビアなやり取りにおいても、4人は4人だけでしっかりとやり抜いてみせる。
話し合い、目を合わせ、全員がお互いのことを、話し合いが行われる前よりもずっと深く分かり合えるまで、しっかりと争い抜いてみせる。
このやり取りこそが4人を、「SCANDAL」にしてきたのだろう、と僕は思っている。
そして、そんなシビアなやり取りを重ねたあと、また新たな国の地面を踏みしめた4人はやはり4人でまっすぐにこう叫んでみせるのである。
「めっちゃ楽しい!」と。

4人は4人のやり方で強く明るくいようとすることで――もっと言うなら、そういう4人でいようと決めることで、ここまでSCANDALを守ってきたのだ。
それを実直にやり抜いてきた4人は、だからこんなにカッコよくなれた。
4人は集まった瞬間から今のようにカッコよかったわけじゃない。
SCANDALはちゃんと自分たちの足で、日本を周り、世界の大地を踏みしめ、一歩一歩進んでいくことで、ちゃんとカッコよくなっていったのだ。

このフィルムはそんな4人が今また、ちゃんと「SCANDAL」になっていく過程を包み隠さず見せる素敵なドキュメンタリー作品である。
「SCANDALの裏側」には、いつも「楽しい!」と叫びながら、不器用に進んでいく4人の足跡が刻まれている。

そんな赤裸々な姿を堂々を見せてしまう気持ちのいい4人組、SCANDAL。
だから、僕はSCANDALのことが大好きなのである。

関連記事リンク(外部サイト)

SCANDAL 下北沢の中華料理の名店“みん亭”で撮影した“NO MUSIC, NO Sister?”ポスター完成&プレゼント
SCANDALが圧巻のステージを披露 FM OSAKA開局45周年Premium「SDD LIVE SUMMER EDITION」
SCANDAL メンバーとの写真撮影&シェアOK企画でInstagramやツイッター大騒ぎ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP