ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と違和感なし?スーパーマリオ&ルイージが“風神雷神”に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ30周年」と「琳派400年」を記念して、「風神雷神図」(俵屋宗達作)をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が制作された。

意外すぎるこのコラボ作品を手掛けたのは、現代の琳派継承者の一人である山本太郎氏

 

“雷神マリオ”と“風神ルイージ”は、躍動感いっぱいに描かれ、ゲームに登場するときのPOPな雰囲気とは真逆の、荘厳で凛々しい表情に仕上がっている。

心なしか、鼻の下の“チョビヒゲ”も貫録たっぷり。

周囲にはノコノコジュゲムパタパタプクプクなど、お馴染みのサブキャラクターも描かれている。

作品は10月23日(金)から、京都市の美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)で開催される「琳派からの道  神坂雪佳と山本太郎の仕事」展で一般公開される。

古き良き伝統文化と、日本が世界に誇るゲーム文化のコラボレーションは、この秋一見の価値あり。

任天堂
http://www.nintendo.co.jp/mario30th/information/2015082400.html

ゲーム(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP