ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

iPhoneでのAndroid Wearスマートウォッチのセットアップ手順を紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android Wear を搭載したスマートウォッチを iPhone で使える状態になるまでの操作手順を紹介します。この記事で説明するのは iPhone と Android Wear をペアリングして使える状態にするまでで、紹介するために iPhone 6(SIM フリー版)と LG Watch Urbane を利用しました。まず、iPhone 6 に「Android Wear for iOS」アプリをインストールします。

次に、iPhone 6 の Bluetooth 機能を有効にします。

LG Watch Urbane の電源を入れると言語の選択画面が表示されるので、タッチ操作で下にスクロールして「日本語」を選択します。

この状態から iPhone 6 上で「Android Wear for iOS」アプリを起動します。「時計はお持ちですか?」の画面が表示されたら下の「→」ボタンをタップします。

「Google Fit の~~」にチェックを入れ、「承諾」をタップします。

(Bluetooth が無効の場合)「Bluetooth の共有の有効化」の画面で「有効にする」をタップし、Bluetooth 機能を有効にします。

「時計とペアを設定する」画面に、「LG Urbane DCXX」(Xは数字)が表示されるので(見えづらいですけど)、その文字をタップします。

「Bluetooth ペアリングの要求」画面が表示されるので、LG Watch Urbane の画面に表示される 6 桁のコードを iPhone 6 の画面に入力し、「ペアリング」をタップします。

この後は、1 分ほどの更新作業が行われ、「時計の通知を ON にしてください」画面が表示されます。「有効にする」をタップして次に進みます。この後は、位置情報、カレンダーでも同様に許可を求める画面が表示されるので、「有効にする」をタップします。拒否した場合は Anroid Wear の該当機能が利用できません。

ペアリングが完了すると、LG Watch Uabane 上に「以上で完了です。」の通知が表示されます。これはセットアップウィザードのようなもので、通知の指示に従い、スワイプやタップを行う進めていきます。

iPhone 6 の画面上には次の様な UI が表示されるので、後はこの画面で、Android Wear の機能を設定します。ちなみに、「常に画面を ON」を有効にするとバッテリーの減りが早くなるので、私はいつも無効にして使っています。


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto 360 Sportは30m防水に対応しているらしい
Huawei Mate Sのモックアップが流出、5.7インチの“2.5D”ディスプレイを搭載か?
日本通信、5段階制データ通信SIM「おかわりSIM」のSMS対応パッケージを9月3日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。