ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不要な録画なし!お手軽のホームセキュリティカメラ「Butterfleye」が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

留守中の不審者侵入などを監視するセキュリティーカメラ。モーションを感知して録画し、外出先からも画像をチェックできるというタイプが多く出回っている。

しかし難点は、さまざまな動きに反応して必要以上に録画してしまうこと。

この点を改善したカメラ「Butterfleye」がクラウドファンディングサイトIndiegogoで人気を集めている。

・不審ではないものを判断

Butterfleyeの最大の特徴の1つは、動きや音をキャッッチして録画が始まるものの、視界に入った人物が住人だったりペットだったりすると、「不審ではない」と判断して録画は行わない賢さを備えていること。

揺れたカーテンや、窓越しに見える木の枝の揺れなどにも反応しないので、無駄な録画を減らせ、バッテリーの消耗も抑えられる。

・ストレージ圧迫を回避

録画が始まると、ユーザーのスマホに通知がいくので、ユーザーは出先からでもスマホですぐに部屋の様子を確認できる。

また、録画されたものはストレージに保存される。

ストレージ容量は制限があるが、余分な録画をしないことでストレージ圧迫を回避できるのもメリットだろう。

・監視場所の変更も簡単

セットアップがとても簡単なのもButterfleyeのセールスポイントだ。使うには、カメラをWi-Fiにつなぎ、監視したい場所に置くだけ。

完全にワイヤレスなので、日によって撮影する場所を変えることも簡単にできる。

・1回の充電で数週間作動

カメラの画角は95度。フルHD画質(1920×1080p)で撮影する。高さ8.3センチ、幅9.7センチ、厚み4.1センチと小型なので場所をとらず、しかも1回の充電で数週間持つのもうれしい。

現在、Indiegogoでは、199ドルの出資で入手できる(送料別途)。すでに目標額を達成しているので、順調にいけば年内にも発送が始まる見込みだ。出資は9月25日まで受け付けている。

Butterfleye/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP