ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Mate Sのモックアップが流出、5.7インチの“2.5D”ディスプレイを搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まもなくドイツで始まるIFA 2015 イベントで発表される見込みの「Huawei Mate S」のモックアップが流出しました。この写真は携帯ショップなどに置かれているコールドモックを撮影したもので、実機ではありませんが、外観は Mate S と同じだと思います。Mate S は既存の Mate 7 の後継モデルで、Force Touch 技術を備えた 5.7 インチ WQHD 解像度の “2.5D” ディスプレイ、Kirin 935 オクタコアプロセッサ、3GB RAM、4,500mAh バッテリー、指紋リーダーを搭載していると噂されています。また、Weibo に投稿されたティザー画像から、指紋リーダーはスワイプジェスチャーもサポートしていると予想されています。


(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、5段階制データ通信SIM「おかわりSIM」のSMS対応パッケージを9月3日に発売
So-net、「スマホセット2480」にHuawei P8 liteを追加、月間データ通信量を倍増、「あなただけのカスタムイヤフォン必ずもらえるキャンペーン」も実施
1ShopMobileがGoogle OnHubを販売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP