ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ欲しい!秘書のように仕事と健康をサポートしてくれる“音声認識AIデスク”が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まるで秘書のように業務を気遣い、健康管理までしてくれる、世界初のAIスマート・デスクがアメリカで発売された。

・あなただけのAI秘書!

Siriのように、発話解析インターフェースで動くこのスマート・デスク。名前は「テイラー」。

デスクに近づくとテイラーが「おはようございます」と挨拶し、仕事開始。スケジュールのリマインドも音声でしてくれる。

「テイラー、A社のデイヴに電話をかけて」など、すべてボイスコマンドで仕事が片付き、まるで秘書のように活躍してくれる。

ランチタイムには、ユーザーの好みに合わせてデリバリーのオーダーを聞いて、休憩中の音楽再生も音声操作する。

さらにワイヤレスチャージャー搭載で、スマホの充電も置くだけで完了。

・オフィスでも健康管理

秘書としても立派な役割をこなしてくれるこのデスク。座りっぱなしになりがちなオフィス環境で、「SmartDesk」は、健康管理まで気遣ってくれる。

ユーザーのウェアラブルとシンクし、何時間座っているのか、立っているのかなどオフィス内でのアクティビティーをモニター。

ボイスオーダー1つで、集中できると最近話題になっている“立ち机”にも変更できる。

デザインは、黒やウォルナット、白など5種類。値段は817ドル。(日本への送料は199ドル)

すでにKickstarterで28万5422ドル、 Indiegogoで19万2039ドル を獲得したスマート・デスクだけに、日本でも発売される日は近いのかもしれない。

「SmartDesk」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP