ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと琳派とマリオがコラボだよ!琳派400年×マリオ30年でスペシャルな風神雷神の屏風絵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「スーパーマリオブラザーズ」が1985年9月にシリーズの第1作を発売されてから、今年で30年。これを記念して、任天堂では30周年記念企画が目白押し。

Japaaan的に気になるのは、今年400年の記念イヤーである琳派とマリオのコラボ。「琳派400年」と「スーパーマリオ30周年」を記念して、なんとマリオとルイージが屏風絵になっちゃいました。

マリオとルイージが風神雷神として描かれた「マリオ&ルイージ図屏風」は、現代の琳派継承者の一人である山本太郎氏が制作。10月23日(金)より、京都市の美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)で開催される「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展にて一般公開されます。

マリオとルイージの他にもゲームに出てくるキャラクターたちが一緒に描かれてます。屏風絵とドット絵、意外と相性が良いですね。

琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事

会期:2015年10月23日〜11月29日
会場:美術館「えき」KYOTO 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
休館日:会期中無休
入場料:一般:900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)※(前売り・割引料金)

スーパーマリオブラザーズ30周年 | INFORMATION | 琳派400年×スーパーマリオブラザーズ30周年

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

京都駅には美術館もあります 美術館「えき」KYOTOで『紙のジャポニスム』開催中
世界初!10Kの美麗プロジェクションマッピングは「風神雷神図」がモチーフ
京都の工房で手作り!カワイイ着物を着た和風iPhoneケース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP