ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルーツ・マヌーヴァが4年振りとなる待望の最新作『Bleeds』をリリース。 アルバムから3曲が公開中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウィットに富んだ独自のワードプレイ、UKストリート・カルチャーを常に体現してきたサウンドスタイルでシーンを語る上では欠かせない存在であるルーツ・マヌーヴァがフォー・テット、エイドリアン・シャーウッド、マシーンドラム、メジャーレイザーでも活躍したスウィッチら豪華なプロデューサー陣、そしてマッシヴ・アタックのバンド・メンバーであるデボラ・ミラーもボーカリストとして参加した待望の最新アルバム『Bleeds』のリリースを発表し、トレーラー動画を公開した。

現在アルバムからフォー・テットがプロデュースした「Facety 2:11」、マシーンドラムがプロデュースした「Like A Drum」、そしてスウィッチの最新プロダクション・チームであるウィズ・ユー.がプロデュースした「One Thing」の3曲が公開中。

http://www.beatink.com/Labels/Big-Dada/Roots-Manuva/BRC-485/

ジャマイカ移民の祖父を持ち、サウス・ロンドンで生まれ育ったルーツ・マヌーヴァことロドニー・スミス。サウンドシステムのテープを収集し、イーカマウスやアシャー・セネターに憧れを抱きながら、ラキムを通してヒップホップと出会い、唯一無二のMCスタイルを築き上げる。1999年のデビュー・アルバム『Brand New Second Hand』が10万枚のセールスを記録し、続く2001年の2ndアルバム『Run Come Save Me』がイギリスでゴールドディスクを獲得。収録曲「Witness」は時代を代表する楽曲として今なお愛され続けており、アークティック・モンキーズがデビュー・アルバムのレコーディング中に、最も聴いていた作品だと明かしたことも話題となった。自身の作品をリリースしながら、これまでに、ゴリラズ、レフトフィールド、コールドカット、リー・スクラッチ・ペリー、ジェイミー・カラム、シネマティック・オーケストラ、DJシャドウなど、様々なジャンルのアーティストからラブコールで受ける稀有なMCとしてその地位を確立。

今年に入ってからはブラーのハイド・パーク公演にもサポートアクトとして招かれ、本アルバムの発表を前に公開された「Facety 2:11」と「One Thing」がノエル・ギャラガー、ニュー・オーダー、ケンドリック・ラマーと並んでUK、USのキーステーションでヘビーローテーションとなるなど、新作に高い期待が寄せられていた。

4年振りとなる待望新作『Bleeds』は、ボーナストラック2曲追加し、10月28日に日本先行リリース。初回生産盤は6面デジパックの豪華パッケージ仕様となる。iTunesにてアルバムを予約すると、公開中の「Facety 2:11」「Like A Drum」「One Thing」がいちはやくダウンロードできる。


ROOTS MANUVA
BLEEDS
ルーツ・マヌーヴァ / ブリーズ

BRC-485 BIG DADA / BEAT RECORDS
2015/10/28 TUE ON SALE

ご予約はこちら
beatkart : http://shop.beatink.com/shopdetail/000000001964/
amazon : http://amzn.to/1Vc4KOz
tower records : http://bit.ly/1EXG2s3
HMV : http://bit.ly/1i3eZ9F
iTunes:http://apple.co/1MVRkVM

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP