ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリス・ブラウン、後頭部に巨大タトゥー“ミロのヴィーナス”を入れる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クリス・ブラウンがどうやら自身のボディ・アート・コレクションに新たなラインナップを加えたようだ。“ミロのヴィーナス”を描いたタトゥーを、それも後頭部を剃り落したところに入れたと思われる。

 ミロのヴィーナスといえば、パリのルーヴル美術館に展示される有名な古代ギリシャ彫像だ。同シンガーはその大胆な刺青を後頭部半分ほどの大きさで入れ、ひけらかしている。ところが、あまりにも行き過ぎたと思ったのか、ブラウンは自身のインスタグラムで公開したその写真を後になって引き下げたようだ。

 しかし、幸いにも写真は下げられる前にファン達がキャプチャーしており、インスタグラムの“power92chicago”アカウントで今でも確認できる。タトゥー・アーティストのKing Ricoもソーシャル・メディア・ページに一枚の写真をシェアしており、そこには「キング・オブ・ポップの新しいタトゥー・コレクションに加えられて嬉しいよ。ヤツは天才さ。祝福と感謝を贈る」とのメッセージを添えている。

 なお、いずれの写真もブラウンの顔は隠れており、いたずらではないかと疑う人もいるようだ。

 ひとつ確かなことは、ブラウンはよく間違った判断をする人間であるということだ。もしこれもそうだとすれば、彼はおそらく髪を伸ばすのだろう。

 現在、7thアルバムのリリースに向け準備をしているクリス・ブラウン。次の作品は1歳になる娘の名前から取って“Royalty”というタイトルになることを先日発表した。

関連記事リンク(外部サイト)

オーミ&ザ・ウィークエンド 米ビルボード・シングル・チャート1位、2位に停滞
ルーク・ブライアン 米ビルボード・アルバム・チャート2週目の首位に、映画効果でN.W.A.の名盤は4位へ大ジャンプアップ
will.I.am「ボランティアのみんなを誇りに思う。そして一日も早い福島の復興を願っているよ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP