ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海底で熟成させたウイスキーはどんな味?!ロマン溢れる味わいを、大切な人と一緒に体験しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ウイスキーを海底で熟成させると、地上で熟成させたものと味に違いはあるのか?!

「原価BAR」五反田・赤坂見附・GINZAの各店では、そんな面白いイベントを9月1日より実施する。

「原価BAR」とは、入場料を払う代わりにドリンクやフードが原価で提供されるスタイルのお店。利益が確保できるので、よいもの・レアものが安く楽しめるお店だ。

今回「原価BAR」が用意するのは、「海底熟成ウイスキー」。
2014年11月から2015年6月までの間、海底で眠らせたウイスキーをレアものにつき、一人ハーフショット1杯まで特別に提供する。

提供される「海底熟成ウイスキー」は、「海底熟成メーカーズマーク」(300円)、「海底熟成マッカラン12年」(400円)、「海底熟成 山崎12年」(500円)。それぞれのボトルで先着40名様まで提供される。

「海底熟成ウイスキー」は南伊豆にて熟成。試飲した人によると、明らかに大きく変化していたそうだ。

また、ウイスキーを飲まない人も楽しめるように「食欲の秋 原価BAR 10円肉祭り!」も同時開催する。

9月第1週は原価BAR GINZAで「ブラックアンガス牛」のステーキを10円で提供。

9月第2週は原価BAR 五反田で、「ローストビーフ」、9月第3週は原価BAR赤坂見附で、「大山鶏のトマト煮込み」を10円にて提供する。

本イベントは週替わり、店替わりで実施されるため、9月1日(火)~9月7日(月)は原価BAR GINZA、9月8日(火)~9月14日(月)は原価BAR五反田、9月15日(火)~9月21日(月)は原価BAR赤坂見附へ参加しよう。

海底の時間で熟成されたウイスキーを味わうワクワク感を、大切な人と一緒に味わえば、よりいっそう絆が深まるかも?!
秋らしい神秘的なイベントにぜひ参加してみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP