ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏だ! ラジオだ! wktkだ! MC百花繚乱・二宮係長が送るネットと融合したラジオ番組『wktkの枠』がリアルイベントを開催!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

8月5日、東京カルチャーカルチャーにて『wktkの枠 リアルpresents wktkの夏! ~百花繚乱と二宮係長がカルカルにやってきた~』が開催された。『wktkの枠』は、『niconico』を中心に活躍中のネットタレント百花繚乱さんと、ライブや番組MCとしても活躍中の二宮係長さんの2人が毎週土曜日の深夜24時からJFN系列で放送しているラジオ番組だ。

今回は、そんな『wktkの枠』がラジオ局を飛び出してリアルイベントを開催。歌い手の赤飯さんとギターのポンデ王子さんによるトーク&ミニライブや、アニソンDJの帝王・DJシーザーさんと本業声優のアニソンDJ・白石稔さんによるDJタイムなど、豪華ゲストも登場して盛り上がった。

リアルでもwktk! ネットとラジオと“リアル”も融合!


イベントは、百花繚乱さんの乾杯でスタートした。ラジオ本番さながらのオープニングトークを繰り広げる中、お客さんたちはなにやらテーブルの上の紙に夢中。それもそのはず、イベント用のオープニング台本を来場者にプレゼントしていたのだ。普段、MCの2人がどのようにラジオをしているのかを真剣に追いかけつつ進行するイベントもまた新しい感覚であったのではないだろうか。

コーナーも、イベントならではの企画が盛りだくさんであった。まず、百花繚乱さんが普段のラジオでは伝えられない特技の手品にチャレンジ。お客さんを巻き込んで、予想以上の手品を披露した百花繚乱さんに、一部始終を見守っていた二宮係長さんも思わず「なんでそんなことできるの⁉︎」と興奮気味であった。

さらに、ラジオでも人気のコーナー『森本係長の読み聞かせ。』をリアル披露。このコーナーは、二宮係長さんがいい声でメッセージを読み上げることで、どんな文章でもいい話風に聞こえるはず、というもの。会場で募集したセリフを二宮係長さんが読み上げていったのだが、しっとりと読み聞かせる美声にうっとりしつつも、よく聞くとどこかおかしなセリフの連続にじわじわと笑いが広がっていた。

続いてはゲストの赤飯さん、ポンデ王子さんが登場、トークとミニライブが行われた。「トークが盛り下がったらしっぺ」というキツイ罰ゲームが設定される中、会場のお客さんから募集したテーマを使ったトークパートでは、一発目に引当てたトークテーマがなんと「切れ痔になったことはありますか?」というもの。テーマが既に面白いという珍しい事例だが、これを引き当てる赤飯さんもさすがである。しっぺは、お察しの通り(?)百花繚乱さんが受けることになってしまい、腕を赤くするほど強力なしっぺをお見舞いされていた。トークの後は、お待ちかねのミニライブ。アルバム発売を控えた赤飯さんが、『骸 Attack!!』と『天ノ弱』の2曲を披露し、会場一体となって盛り上がった。

実はここまで『ニコニコ生放送』でも同時中継していたのだが、ここから先は後枠としてイベントのみでお届け。DJシーザーさんと白石稔さんを迎えてのトークや、百花繚乱さんによるお歌のコーナー『百花“歌う”繚乱の電波〜ネットカラオケマン♪』をリアル披露など、最後まで盛りだくさんであった。DJシーザーさん、白石稔さんと行ったトークパートでは、お酒を飲みながらのトークにテンションの高い白石さんが何故かしっぺを受けることに。酔いを覚ますほどの勢いの強いしっぺを2発も食らっていたが、トークは非常に盛り上がっていた。そして、番組のジングルボイスを来場したお客さん全員で収録し、イベントは終了。

最後に、DJシーザーさん、白石稔さんがDJプレイをする中、メインMCの2人との握手会を行いイベントは幕を閉じた。『wktkの枠』初のリアルイベントに、MC陣もスタッフもドキドキだったようだが、蓋を開けてみれば笑顔のお客さんの姿に囲まれて、非常に楽しいイベントとなった。ラジオの雰囲気をそのままに、直接顔を見ながらトークを聞くことができる貴重な機会に遠くから訪れるファンも。

『wktkの枠』はJFN系21局ネットで毎週土曜日24時から好評放送中。聞くことが出来ない地域の方は、『ニコニコ生放送』でも聞くことができるラジオ業界でも画期的な番組。元気が出ると噂の番組内“二宮係長のタイトルコール集”は、イベントでもCDが完売するほどの人気なので、一度聞いてみてはいかがだろうか。

wktkの枠(ニコニコ)
http://ch.nicovideo.jp/wktk
wktkの枠
http://www2.jfn.co.jp/wktk/[リンク]
wktkの枠・番組公式Twitter
https://twitter.com/wktk_no_waku[リンク]

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP