体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人間を繋げるという気持ち悪いアイデアにみんな好奇心を抱いてしまうんだよ」――『ムカデ人間3』監督インタビュー[ホラー通信]

tom_six

2011年に映画『ムカデ人間』が日本公開され、複数の人間の口と肛門をつなぎ合わせるという前代未聞のストーリーが多くの人を驚かせました。3部作の構想で作られていた『ムカデ人間』シリーズも、8月22日公開の『ムカデ人間3』を以っていよいよ完結です。

『ムカデ人間3』はアメリカの刑務所を舞台に、囚人たちを“ムカデ人間”にすることによって暴動率・犯罪率を低減させようという、クレイジーなアイデアをクレイジーに活用する超問題作。1作目で主人公を演じたディーター・ラーザーが刑務所の極悪所長ビル・ボスを、2作目の主人公を演じたローレンス・R・ハーヴェイが所長の右腕・ドワイトを演じ、ムカデ人間の先頭を演じた北村昭博さんら、過去シリーズに登場した俳優がオールスターで登場することも話題になっています。

多く人に大きな嫌悪を抱かせるアイデアが、次第に熱狂的なファンをも生み出してきた『ムカデ人間』シリーズ。それらを生み出した張本人である、トム・シックス監督にインタビューをおこなうことができました。

予告編とすべての画像が表示されない方はこちら

トム・シックス監督 インタビュー

――“ムカデ人間”というアイデアはもともと監督ご自身がおっしゃった「犯罪者の尻と口を縫い付けちまえよ!」というジョークが発端だったと聞いています。『ムカデ人間3』で舞台が刑務所となり、そのジョークのとおりのことが起こるわけですが、これは『ムカデ人間』3部作を撮る当初から決めていたことだったのでしょうか?

トム・シックス(以下、トム):ああ、もちろんさ! あれはオランダのテレビを観ていたときに言ったジョークだった。それも「太ったトラックドライバーのケツに縫い付けちまえよ!」みたいな感じだったかな。何気なく言った言葉だったけど、“これは使える!”と思ったんだ。もし囚人の罰がそれだったら、犯罪率がグッと下がるかもしれない。それを『ムカデ人間』シリーズの完結編で描こうと思っていたんだ。

――『ムカデ人間』は最初から3部作の構想だったそうですが、最初の構想から物語の上で変わっていった部分はありますか?

トム:1作目を撮っているときは、3本の映画をすべて地続きにするという構想もあったんだ。4時間半の映画を3つに分けたようなね。この3部作については僕自身さまざまなアイデアを持っていたんだけど、1作目を観た観客からのリアクションを盛り込んでいった部分もある。「映画を観た奴がほんとに“ムカデ人間”を作ってしまったらどうするんだ?」と言われたのも取り入れたし、「本当に懲罰として“ムカデ人間”を取り入れるべきだよ!」と言われたのもやってみせた。

――一作目の舞台はドイツで、二作目はイギリスでした。そして完結編の舞台はアメリカです。この舞台はどうして選んだのですか?

トム:一作目でドイツを舞台にしたのは、“ナチスの医者”を描きたかったからなんだ。そして二作目のイギリスは、“英語圏”であり陰鬱なイメージがある場所として選んだ。いつも雨が降っていて、治安の悪い場所もあるからね。最後のアメリカは、ドカンと大きなラストにしたかったからさ。アメリカはすべてがXL(エクストララージ)であり、ムカデ人間もXLサイズにしたというわけ。

サブ

――XLサイズの500人のムカデ人間は、実際に500人が集まって撮影したのですか?

トム:そうとも! 『ムカデ人間』が公開されて以来、「『ムカデ人間』に出してくれ」という内容の手紙が何百通と送られてきていたんだ。一作目のときはキャスト集めに苦労していたのにね! それらの手紙からキャスティングエージェントが人選してくれて、選ばれた人たちを何台ものバスに乗せて撮影場所へと連れて行った。そうして出来上がったのが500人のムカデ人間さ!

――完成した“500人のムカデ人間”を見たときはどう思われましたか?

トム:とっても美しいと思ったよ! ビデオゲームの『SNAKE(ヘビゲーム)』のようだし、絵画のようでもあった。最高だと思ったね。

“ムカデ人間”を作る人間はナルシスト

――今作で“500人のムカデ人間”にも負けないほどのインパクトを持っているのが、主人公のビル・ボスです。彼の強烈すぎるキャラクターはどうやって作り上げていったのでしょうか?

トム:ビル・ボスは一作目のハイター博士と同じディーター・ラーザ―が演じてくれているんだけど、同じ俳優で、まったく違うキャラクターを演じてほしかったんだ。ハイター博士は緻密で物静かな男だ。そして、ビル・ボスは、声がでかくて頭が悪い、最大限に嫌な奴だ。かけ離れればかけ離れるほど面白いと思ったんだよね。彼はまず脚本を読んで、髪をきれいに剃り上げた。そうして、ビル・ボスの役に入っていったんだ。

――“正反対のキャラクターを演じてもらう”というのは、今回のドワイト役のローレンス・R・ハーヴェイさんにも言えるのでしょうか?

トム:そのとおり。ローレンスが2作目で演じたマーティンは不安定で無口で妙な男だった。3作目のドワイトは、仕事やお金のことをよく理解している知的な会計士だ。彼もビル・ボスと同じように、正反対のキャラクターとして作っていったんだよ。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy