ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

煮干しスープの美味しいラーメン専門店 @『大勝軒』相模原市淵野辺

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は神奈川県相模原市の淵野辺にある『大勝軒』のラーメンに注目してみようと思います。若干、淵野辺の知名度に関しては、微妙なところなのですが

「はやぶさ&宇宙科学研究所」

って感じが、最近の淵野辺のイメージでしょうか?

他にも麻布大学や桜美林大学、メタル禁止令で全世界のメタラーを敵に回した青山学院相模原キャンパスもあったりします。

『淵野辺 大勝軒』と『鹿沼台 大勝軒』

そして、若干ややこしいのが淵野辺駅の近くには北口側の『淵野辺 大勝軒』と、国道16号線と鹿沼公園がある南口側の『鹿沼台 大勝軒』がある事です。

ちなみに、どちらも永福系の『大勝軒』の味で、いわゆる”煮干し系”のスープが特徴です。

味もかなり近いので、特にどちらが優れていると言う事は無いのですが、実はボリュームが違ったりするので、筆者的には『淵野辺 大勝軒』一択で御座います。

また全国的にもラーメン屋さんで『大勝軒』は多いので、混乱を避ける為にも記事では『淵野辺 大勝軒』と表記しますので御了承下さい。

土日祝日は行列覚悟の『淵野辺 大勝軒』

さして名店に恵まれているとは言い難い、微妙な淵野辺ですが『淵野辺 大勝軒』だけは、土日祝日ともなれば行列が出来ます。

まあ、流石に平日はすんなり入れるのですが、土日祝日に訪れようと思っている人は、ちょっと並ぶ覚悟が必要です。

地元民としては、いつでも行けるので並んでいたらパスする勢いですが、確かに”煮干し系ラーメン”としては美味しいので並んででも食べたい気持ちは分かります。

つまり、土日祝日はちょっと離れた所から、わざわざラーメンを食べに訪れる”遠征組”が多いと言う事になりますね。

「足を運んででも食べたいラーメン」

そう思って間違いないでしょう。

『淵野辺 大勝軒』のラーメンを食す!

そして、いきなり『淵野辺 大勝軒』の実食で御座います。

ちなみにラーメン(並)でも、普通の店よりも麺のボリュームがあるので、食が細い人はラーメン(小)と言う選択肢もありです。

実際に女性の方の大半は(小)を頼んでいるので、初めて訪れる方は参考にして下さい。

他にも”麺硬め”や”ネギ多め”も可能なので、自分の好みに合わせてオーダーしましょう。

煮干しスープが美味しいラーメン

まず、その盛りっぷりとチャーシューの多さに度肝を抜かれますが、最初はスープを味わいましょう。

この『淵野辺 大勝軒』は盛りもチャーシューもピカイチですが、やはりラーメンとして一番大事な”スープ”が秀逸だと思います。

スープを取る為の”煮干し”も数種類を使っているようですね。とりあえずアゴ出汁(トビウオの子供)の段ボールが無造作に置いてありました。

まあ、材料が分かった所で、簡単に真似出来るスープではないので、あえて隠す必要も無いと言う事でしょうか?

スープの表面には脂が浮いていますが、昨今のラーメンと比べると脂は少な目でさっぱりしています。なので、子供からお年寄りまで幅広い客層に人気があるようです。

筆者も『淵野辺 大勝軒』のラーメンは、いつもスープを全部飲んでいます。

確かに塩分的にはアレですが、煮干しを中心に出汁を取っているので、スープとしては体に良さそうな気もします。

麺は細麺でボリューム満点!

何気にラーメンを大盛りにしなくても、十分なボリュームの麺が入っています。

若干、その730円と言う価格設定から「ちょっと高くね?」と一瞬思うでしょうが、並で大盛りくらいのボリュームがあるとと考えたら、その値段も納得出来ると思います。

麺は昔ながらの”中華そば”のイメージそのままです。細めで縮れが少し入っているので、スープとの絡みは良いですね。

若干、その分だけスープの吸いも良いので、大盛りの場合は”麺硬め”のオーダーも良いかもしれません。

ボリュームがあるので後半になると、そこそこスープを吸ってきますからね。

ネギも多いぞ『淵野辺 大勝軒』

他にも特徴として”長ネギ”トッピングが半端ネェのが『淵野辺 大勝軒』の特徴です。

下手したら他店の”自称ネギラーメン”よりも多くのネギが入っているんじゃないでしょうか?

これはネギ好きには堪らない一品ですね。逆に、ネギが嫌いな場合は”ネギ抜き”でオーダーしましょう。

この大量のネギと”煮干しスープ”が『淵野辺 大勝軒』のラーメンの味を構成していると言っても過言ではありません。

ちなみに写真は、どれも”ネギ増し”ではありません。標準でこれだけのネギが入っているのですから驚きです。

圧倒的なボリュームのチャーシュー

麺もネギも多めな『淵野辺 大勝軒』ですが、何気にチャーシューがヤヴァイですね。

ちなみに、コレはチャーシュー麺じゃありません。普通のラーメンで、このチャーシューの量なのです。

チャーシューは「腿肉」で脂身は少な目です。腿肉は脂が少ないので、下手をすると「パサパサした食感」になりがちですが、当然『淵野辺 大勝軒』のチャーシューは、しっかりしています。

腿肉ならではの「みっしりした肉本来の味わい」が引き出されています。

むしろ、さっぱりした”煮干し系”のスープには、チャーシューも腿肉の方が合うんじゃないかと思えるくらいです。

『淵野辺 大勝軒』 総評

筆者の住まう相模原は基本的にコッテリしたラーメンが多いのですが、その中で唯一とも言える

「美味しい煮干しラーメン」

を提供する店と言っても過言ではないでしょう。筆者も知人や友人が淵野辺に来た時は『淵野辺 大勝軒』を勧めています。

個人的には『ラーメン 学』も大好きなのですが、やはり二郎系は万人には勧められませんので、どのラーメンが一番かと聞かれたら

「淵野辺大勝軒が一番美味い!」

と答える事にしています。最近は”八王子ラーメン”にもハマっている筆者ですが、あえて八王子まで行かなくても近くに『淵野辺 大勝軒』があるので、意外とラーメンには不自由しないで済んでいますね。

また接客に関しても地域ナンバーワンの爽やかさで、気持ち良くラーメンを食べて帰る事が出来ます。

それでは、みなさんも『淵野辺 大勝軒』に訪れてみて下さい。味もボリュームも接客も最高なので、きっと満足されると思いますよ。

『淵野辺 大勝軒』

神奈川県相模原市中央区淵野辺2-6-24

営業時間 11:00~20:30
定休日 火曜日(火、水曜の連休もあり)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP