ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五輪エンブレム盗作問題の佐野研二郎氏 キャッチコピー物議の『東京国際映画祭』広告も担当

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2020年東京オリンピックのエンブレムが盗作だと指摘され、さらにサントリー『オールフリー』のトートバッグも盗作疑惑が持ち上がり、一部デザインの取り下げる事態になるなど、デザイナー・クリエイティブディレクターの佐野研二郎氏を巡る騒動が拡大、ネットでの追求も続いています。

※五輪エンブレム盗作問題 審査員と佐野研二郎さんとのつながりがネットで話題に
http://getnews.jp/archives/1091306 [リンク]

ところで、佐野氏の名前がネット上で取り沙汰されるのは実のところ今回がはじめてではありません。
2014年の第27回東京国際映画祭のアートデザインを佐野氏が担当。『交通広告グランプリ2015』に選出されているのですが、このうち巨匠・黒澤明監督のキャッチコピーがニッポンは、 世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった。お忘れなく」とあったものについて、映画ライターのモルモット吉田氏が『Twitter』に「黒澤自身はニッポンに不満たらたらだったことも、お忘れなく」と皮肉まじりに投稿。ここから映画関係者やファンから厳しい批判にさらされました。

佐野氏はデザインの担当で、必ずしもコピーの提案者とは限りませんが、映画祭総合プロデューサーの秋元康氏、クリエイティブディレクターの佐々木宏氏などと一緒にプロダクトを進めていたことは確か。「日本」を強調しすぎたことが映画ファンの一部の反発を招く事態の一端を担いでいると見てもいいのではないでしょうか。

国際的なイベントのデザイン絡みで二度目の騒動に関係することになった佐野氏。東京オリンピックのエンブレムの処遇が明らかになるまで、過去の業績についてもネットユーザーからのさらなる追求を受けることになりそうです。

※画像はモルモット吉田氏のツイートより
https://twitter.com/molmot/status/526322412954996738 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP