ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専門家が教える「熱中症」の症状と予防方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。8月16日のオンエアでは、熱中症予防指導員の澤口麻理さんが登場しました。

お盆も終わり、今日から通常通りの平日に戻った方も多いのではないでしょうか。帰省したり旅行に行ったりと、夏のイベントも一段落・・・ですが、まだまだ暑い日が続く中で気をつけなければいけないのが「熱中症」です。そこで、日本気象協会の気象予報士で、熱中症予防指導員の澤口麻理さんに、熱中症対策を聞いてみました。

私たちの体は、体温を調整できる機能が備わっていますが、長い時間暑い環境にいると、この機能が乱れ、体内に熱がこもって体温が上昇してしまいます。症状としては、頭痛、吐き気、意識障害などが挙げられ、症状が進むと命に関わることも・・・。高齢者や乳幼児、運動習慣がない人がかかりやすく、意外にも熱中症で死亡する人は9割が「室内」なのだとか。これは、気密性が高く、風通しも悪い建物では、室内が高温多湿になりやすいためなのだそう。また、急に暑くなると環境に適応できず熱中症にかかりやすいため、涼しい日が続いても、暑さが戻ってきた日には注意が必要だとか。

さらに、人間は1日におよそ1.2リットルの水分を汗や呼吸で失うため、気付かない「隠れ脱水」になる人が多いそう。脱水症状の初期サインとしては、「口腔内が渇いている」「ワキの下が渇いている」「手が冷たく感じる」「集中力がかけてくる」「手や脚の筋肉がつる」「舌が白濁している」など。予防としては、常にこまめな水分補給が有効で、暑い日には過度な運動を控えましょう。

ちなみに以前、熱中症は「熱射病」「日射病」と呼ばれていましたが、2000年からは「熱中症」に統一され、軽い方から1度(軽度)、2度(中度)、3度(重度)と3段階に分けられたそう。脱水症状や、立ちくらみなど軽度の症状が見られたら、足の付け根や首筋を冷やすなど応急処置をしましょう。まだまだ暑い日が続きますが、熱中症対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしてくださいね。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP