ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酸っぱい果物はビタミンCが多い? レモンとビタミンCにまつわる誤解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビタミンCがいっぱい含まれている果物といえばレモン。そんなイメージを持っている人は多いでしょう。ビタミンCが多いことをアピールする飲食物には「レモン◯個分のビタミンCが~」なんてフレーズがつきものです。そもそもビタミンCは、レモンやライムが長期航海中の船員たちを苦しめた壊血病の治癒に効果があったことをきっかけに発見されたものです。そしてレモン1個分100gに含まれるビタミンCが100mgほどで、これはちょうど大人が1日に必要とするビタミンCの摂取量と同じです。このようなことから、レモンはビタミンCの量をあらわす基準に使われるようになったのでしょう。しかし、実はレモンはそれほどビタミンCを効果的に摂取できる食物ではないのです。

例えば、レモン1個分と同じ100gに含まれるビタミンC量を見ても、赤ピーマンや黄ピーマン、芽キャベツなどのほうが多いですし、そもそもレモン1個に100mgのビタミンCが含まれているとはいえ、レモンを丸ごと食べる人はほとんどいませんよね。しかし、柿やキウイ、グレープフルーツなら1個食べれば、1日に必要なビタミンCが摂取できますし、イチゴも数個食べれば十分に必要量に届きます。日常的にレモンは香りづけのために果汁を使うことが多いでしょう。レモン1個分の果汁には18mgのビタミンCが含まれていますが、これはブロッコリー小房1つ分とほとんど同じぐらいの量です。レモンは他の食材と比べて、特別にビタミンCが多いわけではないのです。

また、ビタミンC=レモンというイメージから、ビタミンCは酸っぱいというイメージもありますが、実はそういうわけでもありません。レモンの酸味はビタミンCによるものではなく、クエン酸という有機酸によるものです。確かにビタミンCは多量になれば、酸っぱさを感じるようですが、食物に含まれる程度では、そこまで強い酸味にはなりません。つまり、酸っぱさとビタミンCにもとくに関連性はないのです。ちゃんとビタミンCを摂取したいときは、こうしたイメージに惑わされることなく、数値をチェックするようにしましょう。

おすすめのレシピ

【ラ・ロシェル】工藤 敏之さんの「ピーマンの肉詰め こんがり焼き」#料理サプリryorisapuri.jp

【料理研究家】八木 佳奈さんの「キウイとレモンのシャーベット」#料理サプリryorisapuri.jp

【俺の割烹】島田 博司さんの「グレープフルーツゼリー」#料理サプリryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP