ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】たった1行のスクリプトでウェブを多言語化!絶好調のクラウドサービス「WOVN」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手間もコストもかけず、“たった1行のスクリプト”で、ウェブサイトを多言語化するサービス「WOVN(ウォーブン)」。

2014年のリリースから、約1年。今では多くの優良企業が、そのシステムを採用している。

7月には、完全 SEO に対応した、多言語化ライブラリ「WOVN++(ウォーブン・プラスプラス)」を新たに実装。

これまで課題とされていた、検索結果に多言語版が表示されない仕組みも、解決できるようになったという。

開発元は、スタートアップ企業のミニマル・テクノロジーズ。波に乗る同社代表取締役の林 鷹治(はやし たかはる)氏に、インタビューを行った。(写真:向かって一番左が林氏)

・A/Bテストの仕組みを多言語化に応用

Q1:「WOVN」開発のきっかけを、お聞かせください。

前職でグロースハッカーとして働いている頃、「optimizely」を使って、頻繁にA/Bテストを行っていました。

そのサービス自体がとても好きで、クローンを週末に開発していたのですが、開発途中で、AパターンとBパターンを出し分ける仕組みを、ウェブサイトの多言語化に応用できるのではと考え、多言語化サービスの開発に、シフトしたのがきっかけです。

Q2:「WOVN」導入によって、企業はどのようなメリットを得るのでしょうか。

2つあると思います。

まず1つめは“新しい顧客の獲得”です。

これは、当然と言えば当然なのですが、日本人向けに日本語で提供していたものを、多言語で提供することで、新しい海外の顧客開発が容易になります。

A/Bテストなどの純粋なマーケティングツールが、既存の顧客に対して、コンバージョンレートを上げる効果があることに対して、「WOVN」は、新規の顧客を獲得することに特化した、マーケティングツールという見方ができます。

2つめは、多言語サイトを構築する際の開発コストが、圧倒的に下がることです。

基本的にエンジニアリングのコストが、ほぼゼロになるので、開発者でなくても、多言語サイトの構築ができるようになります。

・目標は企業にとっての“新たなマーケティングツール”

Q3:今後の展開について、教えてください。

今後は、より一層のUXの改善と、多言語版のSEO対策に重点を置いて、展開していくつもりです。

UXの改善については、UI-Lessな製品作りを心がけ、“「WOVN」を使っている意識をなくす”というレベルにまで、高めたいです。

SEO対策は多言語化しても、Googleしか行っていない企業さまが、多いと思います。

しかしながら、中国や韓国では、Googleがシェアを持っていないので、検索エンジン最適化ができていません。つまり、多言語化しても、潜在顧客には届いていない、ということになります。

これらのサポートを行いながら、今後は新しいマーケティングツールとして、多くの法人さまにサービスを提供していきたい、と考えております。

“世界中のすべての ウェブサイトを、すべての人の母国語で”。「WOVN」の真の目的は、そこにある。ネット上から言葉の壁がなくなる日も、近いだろう。

WOVN.io
WOVN++

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP