体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメ村に行ったら絶対食べたい『セイロンライス』にカツを乗せる是非 @『ニューライト』

newlight-1_R

大阪と言えば難波、難波と言えばアメ村(アメリカ村)アメ村と言えば『ニューライト』で御座います。

それとなく大阪特集的な何かですが、正直ココからが本気の大阪であると言っておきましょう。

まずは聖地巡礼

newlight-8_R

ミナミに来たらまず三角公園に行きます。特に何を買う訳でもありませんが、三角公園は重要です。しかし、昔に比べて外人さんも減ったような?

newlight-7_R

そして『KING COBRA』の賑わいを肉眼で確認してから、目的地である『ニューライト』に向かいます。

結果、すでに閉店時間を過ぎている模様… (この日は祝日でしたw)

newlight-6_R

いや、この外観は閉店時間を過ぎたから閉まっているのか、本当にガチ閉店したのか不安になる所ですが、この怪しい感じが『ニューライト』なので安心して下さい。

ショーケースが1mmも「Show」していない件の是非

newlight-10_R

ちなみに営業中の『ニューライト』も、お世辞にも入りやすい店とは言えません。

店内もアングラ臭プンプンで、客層がパンクバンドで固められていた場合は威圧感も半端なく、いつモッシュが始まってもおかしくない独特の雰囲気があります。

昔はショーケースは聖域であり、サインやステッカーも端っこにしかありませんでしたが、いつの間にやら全面がステッカーで埋め尽くされていました。

『セイロンライス』を所望する!

newlight-2_R

『ニューライト』と言えばアメ村の胃袋を支える店として、1959年の創業以来多くの人に愛されています。

その豊富なメニューと激安な価格設定、謎のボリュームとコスパを誇る定食がウリですが、一番の人気メニューは

『セイロンライス』

で御座います。これは”混ぜカレー”的な何かで、大阪的には”自由軒”とかのソッチ系な感じですが、筆者の場合は大阪においてカレーと言えば『ニューライト』の『セイロンライス』を指します。

写真の通り、ちょっとジャンクな風貌ですが、その味わいは超絶にジャンキーなカレーで、一度食べると病みつきになります。

なんでも創業以来継ぎ足している”デミグラスソース”が隠し味だそうで、この味はちょっとやそっとでは再現出来ません。

通は「カツ乗せ」を食べる(らしい)

newlight-4_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。