体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玄人向けの庭園でうなるのだ! 『アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデン』

01IMG_7996_R

暑さ寒さも彼岸までとはいうが、ファッション界はすでに秋物が主流に。
であれば、お出かけ情報も秋物を先行紹介しても良いではないか。
ということで、「秋物移動」の情報。

02-2015-08-12 11.50.47_R

ちょうど群馬に所用で出かけるので、せっかくだから何か面白い珍しい場所はないだろうかとスマホをフル稼働。
東武鉄道の特急りょうもう号で浅草を出発した。
目指すは群馬県太田市。

03-IMG_7990_R

やってきたのは、『アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデン』という長い長い名称の庭園。
どう見ても欧州っぽい。

04IMG_7997_R

日本有数の暑さを誇る埼玉県の熊谷、群馬県の館林、高崎、前橋。そんな都市に囲まれた太田市。やはり暑いものは暑い。
同ガーデンでは土日祝日はガーデンツアーという専門の係員が園内を案内してくれるツアーがある。
今回案内してくれたのはガーデナーの太田勲さん。

05IMG_8004_R

「このガーデンは英国の様々な時代の庭園を再現しています。施設の名前にもなっているのですが、アンディさんとウイリアムスさんという英国のガーデナーが伝統的な庭園を設計しました。正面の入口の周辺は門を含めてヴィクトリア朝のスタイルです」

おっと、のっけからすごいものが飛び出してきた。ヴィクトリア朝と言えば19世紀の産業革命期、まさに大英帝国全盛の黄金期だ。

実はこのガーデンは、ジョイフル本田という関東一円に展開するホームセンターの付属施設なのだ。太田さんは続ける。

「ここにあるものは植物を含めて英国から輸入したものはほとんどなく、ほぼここでそろうもので造られています」

--ということは、庭園の一部を自分の家の庭に再現したいと思った場合は、ホームセンターで売っているものでできてしまうということですか?

「そういうことになります。もちろん、個人で施工するのは難しい面もありますから、そこは専門の造園業者に依頼することになりますが、実際にこの庭園を見てご自宅に”移植”されたお客様もいらっしゃいます。」

これは驚いた。ということは、鑑賞するだけではなくガーデニングを趣味とする人が実際に造園する際の設計図にもなりうる、「玄人向き」の本格的なガーデンということになる。

07IMG_8012_R

ここはダヴコートガーデン。
ダヴコートとはハト小屋のこと。実際にハトはいないが、花壇を背の低い木で囲い路地を作ることによって整然としたスペースになっている。ちなみに当時のハトは食用だったとか。ニワトリと似たようなものだったとは。

07ダリヤ_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。