ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NICO Touches the Wallsの年末年始公演で「UZU神様」をゲットしよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NICO Touches the Wallsによる「NICOピックバンプロジェクト2015」の全貌が明らかになった。

今年発売されたシングル「まっすぐなうた」、DVD『“Howdy!! We are ACO Touches the Walls” LIVE at Billboard Live TOKYO』、そして9月2日リリースのシングル「渦と渦」に封入の「~その1~」「~その2~」「~その3~」用紙計3枚を、年末年始の大阪城ホール公演「渦と渦~西の渦~」、日本武道館公演「渦と渦~東の渦~」のCD・DVD販売所に持参すると、先着で「UZU神様」(うずがみさま)がプレゼントされるとのこと!

「UZU神様」は、アクセサリーやお薬入れにして持ち運ぶも良し、身に付けているとご利益があるかもしれないとか。正式な使い方はピックケースだが、好きなように使ってみてほしい。なお、販売所に関しての時間と場所は追ってオフィシャルHPで発表される。

そして、シングル「渦と渦」発売日の9月2日(水)には、都内某所でリリースイベント「よっ久しぶり!ニコじゃん渦と渦スペシャル」の開催が決定! こちらはSony Music Shop内の特設ページから「渦と渦」初回生産限定盤(KSCL-2623~4)を、期間中に購入すると、抽選で200名が招待となる。NICO Touches the Wallsの配信番組として大人気だったあの「ニコじゃん」がひさびさにカムバック。名物番組だっただけに、企画の内容もお楽しみに。

なんと言ってもメンバーとイベントで直接会えるチャンス! 惜しくも抽選に外れてしまっても、NICO Touches the Walls「渦と渦」告知ポスター(両面印刷B2サイズポスター)プレゼントというハズレなし企画となっている。詳しくはオフィシャルHPへ!

■NICO Touches the Wallsに オフィシャルHP
http://www.nicotouchesthewalls.com/
http://www.nicotouchesthewalls.net/

シングル「渦と渦」
2015年9月2日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
品番未定/¥1,800(税込)
※『アルスラーン戦記』ワイドキャップステッカー(A)仕様
※NICO×『アルスラーン戦記』ダブルネームピック封入
※2016年1月8日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦~東の渦~”」日本武道館公演、12月23日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦~西の渦~”」大阪城ホール公演、特別先行抽選受付封入
<収録曲>
■CD
01.渦と渦
02.僕は30になるけれど
03.ラーメンたべたい
■DVD
「アコタッチと呼んでみて☆vol.5」
01.まっすぐなうた
02.夏の大三角形

【通常盤】(CDのみ)
品番未定/¥1,300(税込)
※『アルスラーン戦記』ワイドキャップステッカー(B)仕様
※2016年1月8日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦~東の渦~”」日本武道館公演、12月23日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦~西の渦~”」大阪城ホール公演、特別先行抽選受付封入
<収録曲>
01.渦と渦
02.僕は30になるけれど
03.ラーメンたべたい

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
品番未定/¥1,500(税込)
※『アルスラーン戦記』描き下ろしデジパック
※『アルスラーン戦記』OP絵コンテブック
※2016年1月8日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦~東の渦~”」日本武道館公演、12月23日「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦~西の渦~”」大阪城ホール公演、特別先行抽選受付封入
<収録曲>
■CD
01.渦と渦
02.僕は30になるけれど
03.ラーメンたべたい
04.渦と渦(inst)
05.渦と渦(89sec ver.)
■DVD
『アルスラーン戦記』ノンクレジットOP映像

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
NICO Touches the Walls、ニューシングルのカップリングで矢野顕子の「ラーメンたべたい」をカヴァー
NICO Touches the Walls、シングル「渦と渦」の『アルスラーン戦記』描き下ろしジャケ公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP