ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタバのコーヒースペシャリスト実演! 本格派アイスコーヒーハンドドリップ体験

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


お家で美味しいアイスコーヒーが淹れられたら素敵ですよね。今回、ガジェット通信編集部スタッフは、スターバックスコーヒージャパンにてコーヒースペシャリストである松田さんにアイスコーヒーのハンドドリップを実演していただき、淹れ方のポイントを教わってきました。体験レビューにてご紹介いたします。

コーヒースペシャリスト実演! ハンドドリップで楽しむアイスコーヒー

1.まず準備


コーヒー豆、グラスドリップコーヒーメーカー、ペーパーフィルター、沸かしたお湯、氷を用意。

ポイントは氷を先にいれておくこと。

2.ペーパーフィルターをセットします


ペーパーフィルターは、粉を支える土台となるのでしっかり折り曲げます。

コーヒースペシャリスト ワンポイントメモ:「この時、同じ方向だとペーパーフィルターがふにゃっとなってしまうので、互い違いに折り曲げます」

3.粉を入れる


コーヒー10グラムに対して180cc。今回は30グラム使用。

コーヒースペシャリスト ワンポイントメモ:「コーヒーの粉を入れたとき、表面がこんもりと山になっていますが、ゆすって、平らにならしてあげると、お湯がのりやすくなります」

4.蒸らす


粉の表面全体が湿るくらいお湯を注ぎ入れ、20秒~30秒ほど蒸らします。

ポタポタと落ちるくらいが量の目安。

コーヒースペシャリスト ワンポイントメモ:「必ず蒸らしてあげることが大事です」

5.注ぐ


中央に円を描いていくイメージでじっくりゆっくりと数回にわけて注ぎいれます。

表面をみると茶色の褐色の泡が乗っているのですが、こちらはコーヒーに含まれている雑味。これが落ち切る前に次の湯を注ぎます。

容量分コーヒーが入ったら、雑味が入らないようお湯が落ち切る前に、フィルターをはずします。

6.まぜる


色は真っ黒ですが、ドリップは一投目、二投目の旨み成分が下にたまっている状態ですので、ホットでも、アイスでも必ず落ち切ったら、しっかりかきまぜてあげます。スプーンで混ぜてもOK。

7.アイスコーヒーが完成! 飲んでみた


アイスコーヒーが完成! 今回淹れてもらったコーヒーはアフリカ産の豆、カティカティブレンドを使用。飲んでみると、フルーティーでさわやかな香り高いアイスコーヒーです。

自宅で来客時に目の前で淹れれば、ちょっとしたおもてなしにも。また淹れる前にコーヒーメーカーに牛乳を注いでおくと、グラデーションのきれいなカフェラテにも仕上がるそう。おためしあれ。

コーヒースペシャリストワンポイントメモ:「今回使用したカティ カティ ブレンドは、レモンやストロベリーのフレーバーを持っているコーヒーなので、苺を半分に切ってコーヒーに浮かべても、香りを楽しむヒントになります。美味しいですよ」


どうしてもメンドクサイ……というときは、そのまま水で溶けるアイスコーヒーもあるので、ズボラな人は、気分に合わせて楽しんでみて。

スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/

コーヒースペシャリストとは?
スターバックス コーヒー ジャパン においてブラックエプロンバリスタの指導のほか、パートナー(従業員)のコーヒーに関する知識向上のための教育やスターバックスのコーヒーの魅力や奥深さを広めるため社内外でのコーヒーの啓発活動を行っている。よりお客様のコーヒーライフを充実したものにするために家庭で楽しめるアレンジコーヒーのレシピ提案も行う。コーヒーの知識や風味を見極める能力に秀で、日本には現在3名在籍。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP