ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キセル 初のカバー集を野音ワンマンで発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年結成15周年を迎えアルバム『明るい幻』を発売、リリースツアーも大成功、〈FUJIROCK’15〉でのステージにも称賛の声が上がっているキセル。

8月30日(日)に日比谷野外大音楽堂でのワンマン公演が控えている彼らからのビッグニュースが届いた。

日比谷野外大音楽堂にて行われるワンマンLIVE〈野音でキセル 2015〉にて、キセル初のカバー集、『Songs Are On My Side』を発売することが決定!

もともとカバー曲をライヴ毎に1曲ほど演奏することが多いキセルだが、カバー・アルバムは初めて。内容は、辻村兄弟が尊敬してやまないアーティストの楽曲を全8曲収録。昨年15周年のアンコールでも披露していた細野晴臣の「終わりの季節」をはじめPYG、ふちがみとふなと、永江孝志、高田渡、ゆらゆら帝国の「ひとりぼっちの人口衛星」、フォーククルセイダーズの「悲しくてやりきれない」。そしてブラジルのJoao Gilberto。なんとしても聴きたいこの音源、現在のところライヴ会場のみ販売となっている。野音に足を運んで音源も手に入れよう。

『Songs Are On My Side』予告動画~海編~と、予告動画~家編~の2本のトレーラーが公開されているので、まずはこちらをチェックしてほしい。(岡本貴之)

・前回の野音ライヴレポート(OTOTOY)
http://ototoy.jp/feature/2013060400
・キセルの作品はOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/_/default/a/594

『Songs Are On My Side』予告動画~海編~
https://youtu.be/7vd19dgDrsg

『Songs Are On My Side』予告動画~家編~
https://youtu.be/oeMwyRhd09s

キセル
『Songs Are On My Side』
2015年8月30日(日)よりライヴ会場のみで販売
〈CD・全8曲収録〉
1. 終わりの季節/細野晴臣 (作詞、作曲: 細野晴臣)
2. 花・太陽・雨/PYG  (作詞: 岸部修三 作曲: 井上尭之)
3. Teach your children/ふちがみとふなと
(作詞、作曲: Graham Nash 訳詞: 渕上純子 訳詞協力: 喜多村 純)
4. バラボン/永江孝志 (作詞、作曲 永江孝志)
5. 年輪・歯車/高田渡 (作詞: 有馬敲, 山之口獏 作曲: 高田渡 編曲: 早川義夫)
6. Undiu/Joao Gilberto (作詞、作曲: Joao Gilberto)
7. ひとりぼっちの人工衛星/ゆらゆら帝国 (作詞: 坂本慎太郎 作曲: ゆらゆら帝国)
8. 悲しくてやりきれない/THE FOLK CRUSADERS
(作詞: サトウ・ハチロー 作曲: 加藤和彦 編曲: ありたあきら)

recorded & mixed at “mado studio”
all instrumental played & recorded by 辻村豪文
mixed & produced by キセル
mastered by 田中三一 at Berne Grundman

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP