体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶望と希望:南三陸町のレポート(早稲田大学大学院専任講師 西條剛央)

南三陸町のレポート

※この原稿は西條剛央氏よりご寄稿いただいたものです。
※記事中のすべてのURLについてはガジェット通信本サイト記事下にてまとめてリンクつきでご紹介しております。

●絶望と希望:南三陸町のレポート
(早稲田大学大学院専任講師 西條剛央)

最初に告知させてください。

【拡散希望】物資が届かない末端の避難所に届けます。ふんばろう南三陸プロジェクト第1弾。 2011年4月2日版
http://t.co/26lYeEy

(4月1日昼過ぎ出発前)

昨日支援物資を送ってくださった皆様、今荷物届きました!(ゆうパック)。これから必要としているところに責任もって届けてきます。

南三陸町志津川。文字通り壊滅している。

南三陸町志津川

(以下4月1日帰宅後深夜)

今日は絶望と希望の一日だった。

南三陸町志津川は、見渡す限り壊滅していた。

聞くのと見るのでは違うだろうと思っていたけど、これほどまで違うとはおもわなかった。?

残った鉄筋の建物に入っていくと、瓦礫に埋め込まれた廃墟には何ともいえない臭いが。そしてキン肉マンなどの子どものオモチャやの数々。開いた冷蔵庫からトウモロコシとマヨネーズがみえる。

おもちゃの車

これだけ海岸に近ければ逃げていますよね、逃げていると思いたいですね、北川さんといっていたが、違う階段から下に下りるとある表示から初めて病院だったことがわかった。

瓦礫の地面の下に床がある。そこらじゅう何もないところだと思っていたところには家があったのだ。思い出が詰まったビデオテープが散乱している。幸せそうな結婚式のアルバムが落ちている。それを見たときは本当に胸が苦しくなった。

魚屋さん

しかしそうした中、松前さんが地元の有志の魚屋さんと知り合いになり、孤立していて物資が行き渡っていない避難所を案内してくれることに。これほどひとをつなぐ力がある人には会ったことがないと思っていたが、僕らが最も必要としている人とつなげてくれた。松前さんは人をつなぐ天才だと思う。

そのひとは三浦さんという人で、すべて白黒の廃墟の中で、唯一カラーで未来が語られていた。鉄骨と瓦礫の建物の前に「ふんばろう!力をあわせて一歩ずつ。南三陸町」という看板が。魚屋さんを南三陸町で一番早く再開するのだそう。

僕らが思っていたように、メジャーな避難所には物が溢れているが、孤立している避難所はまだまだあり、そこにはまったく物が行き渡っていない。用意したものの多くは初めて手に入りましたと、とても喜ばれた。

サンタクロース作戦と思って、子どもが喜びそうなオモチャや雑貨を350点ほど用意していった。子ども達がほんとうに嬉しそうにはしゃいでいる姿をみて、すべての疲れがふっとんだ。しゃぼんだまが空を舞っていた。

おもちゃのプレゼントに喜ぶ子供たち
1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会