ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、Stagefright問題の影響を受ける機種にセキュリティパッチを提供へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility が特定の動画付き MMS を受信するだけで Android を乗っ取られてしまう「Stagefright」問題への対策内容を発表しました。Motorola はサポートページの中で Stagefright 問題への修正パッチを提供する機種を列挙し、8 月 10 日よりキャリアモデルでもパッチのテストが開始されることを明らかにしました。下記の機種が対象となっており、これ以外の機種にも提供するのかどうかは明言していません。Moto X Style(発売時に解消済み)Moto X Play(発売時に解消済み)Moto X(1st Gen)(2nd Gen)Moto X ProMoto Maxx/TurboMoto G(1st Gen)(2nd Gen)(3rd Gen)Moto G with 4G LTE(1st Gen)(2nd Gen)Moto E (1st Gen)(2nd Gen)Moto E with 4G LTE(2nd Gen)DROID TurboDROID Ultra / Mini/Maxxパッチの提供時期はキャリアに依存するとして明確にはしていません。また、パッチが提供されるまでの暫定的な回避策として、メッセージアプリの MMS 自動ダウンロード機能を無効にして、信頼できる人からのメッセージだけを見るようにすることを紹介しています。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
LINX、相手の本当の顔を見ながら会話できるチャットアプリ「Face」をリリース
Twitterクライアント「Falcon Pro」の開発者がTwitterに入社
GYAO!のAndroidアプリに配信スケジュール機能が追加、サブセクションのUIも刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP