ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気RSSリーダーアプリ「Reader」、最新のベータ版公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Reader人気の高いRSSリーダーアプリ「Reader」のMac用最新バージョン、Reader 3パブリックベータ版が公開された。現在、公式サイトからファイルを無料ダウンロードすることができる。

・Yosemite以降で作動

Reader 3はMac OS 10.10(Yosemite)以降で作動する。ユーザーインターフェイスがアップデートされただけでなく、さまざまな新機能が加わった。

具体的には、新たなテーマの追加、スマートフォルダ内の未読数とスター数のカウント、プライベートブラウジングのサポート、フォント設定など。

・Instapaperも同期!

同期が可能になるものとしては、新たにInstapaperが加わった。また、Feedbinの検索結果保存や、Feedlyでの読み物アイテムのダウンロードなど、各種機能もサポートされている。

そして、大きな変更点としては、「すべてを既読にする」が利用不可となったことが挙げられる。

・「2」利用者は無料アップデート

なお、Reader 2を利用している人は、正式リリース時には無料でアップデートできるとのこと。

ベータ版のダウンロードはこちらからどうぞ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。