体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”釜玉うどん”をインスパイアした究極の『釜玉麺』を食す! @『ラーメン学』相模原

kamatama-1_R

「暑い夏でもラーメンが食べたい!」
と、言う訳で今回は夏向けのラーメンを紹介してみましょう。勿論、暑い夏に熱いラーメンを食べるのもオツですが、毎回熱いラーメンばかりは流石に苦行……。
ここはひとまず“つけ麺、混ぜそば、汁なし”などの夏向けなラーメンを愉しむのがベストです。

二郎インスパイアの雄『ラーメン学』

gokubuto-4_R

筆者が住まう周辺にはラーメン屋さんが多く、バイクで移動すれば多くの選択肢があります。
その中でもお気に入りの店と言えば『貝ガラ屋』と、今回紹介する『ラーメン学』で御座います。
二郎インスパイアの中でも、限りなく二郎に近いとも言われている『ラーメン学』ですが、その自家製麺の美味さはオリジナルをも凌駕していると思われます。
筆者の行動半径を考えると『野猿二郎』や『スモジ』(ラーメン二郎相模大野店)も候補に上がりますが、徒歩で行ける事を考えると『ラーメン学』一択になります。

kamatama-11_R

さらに『ラーメン学』は限定で『極太DAY』なども不定期で行っているので、ラーメンマニア的にも飽きる事がありません。
そんな『ラーメン学』ですが、ちょいちょい前から『釜玉麺』なるラーメンを限定で提供していました。
筆者も何度か食べようと思ったのですが、いかんせん閉店間際に行く事が多いので、いつも売り切れの為に一度も食べた事がない幻のメニューでした。
しかし!
なんとなく土曜日だし休みだし暑いので、たまには昼から『ラーメン学』に行ってみた次第です。

期間限定『釜玉麺』(大)を食す!

kamatama-2_R

と、言う訳で写真の『釜玉麺』(大)で御座います。言うまでもなく二郎系で“大”は危険ですが、今回は“汁なしの混ぜそば”なので大丈夫でしょう。
ちなみに『釜玉麺』とのネーミングからも分かるのですが、この『釜玉麺』の原型は“讃岐うどん”の釜玉にあります。すなわち、
「麺、カエシ、卵」
が軸となります。この“釜玉”の形を完成させる為には、言うまでもなく「麺の旨さ」が大事なのです。
となると、麺の美味しさに定評のある『ラーメン学』なら間違いないと思われます。

豚がキテる!

kamatama-4_R

そして“讃岐うどん”と違いラーメンなので具材の自由度は高いです。例えばコチラの豚(チャーシュー)なども『ラーメン学』ならではの強みです。
この極厚でトロトロの大きな豚が二枚!

kamatama-3_R

さらにコールで「ニンニク」をオーダーしているので、刻みニンニクも半端ありません。
このボリューム感は“混ぜそば”として考えても圧倒的なボリュームで、流石は二郎系のガッツリメニューです。

カツオ節&葱&水菜

kamatama-9_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy