ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【体験レポ】食べ合わせで違うスイーツに変化!? アフタヌーンティー・ティールーム『キャラメルバナナコンビネーション』が9月3日に登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月3日、アフタヌーンティー・ティールームから、新製品『キャラメルバナナコンビネーション』が登場。こちらは“キャラメルナッツミルフィーユ”と“バナナティー”を同時に食べると第3のフレーバーがポップアップ(現れる)という新提案スイーツ。

いったいどんなスイーツなのでしょうか。気になるスイーツを実際に編集部スタッフが試食、ポップアップスイーツ体験してきました。

食べ合わせで違うスイーツに変化!? 『POP UP SWEETS(ポップアップスイーツ)』

『キャラメルバナナコンビネーション』は、“キャラメルナッツミルフィーユ”と“バナナティー”の2製品を一緒に味わうと“バナナカスタードパイ”の味が現れる、という進化系の食べ合わせ。上手に第3フレーバーをポップアップさせるには食べ方にコツがあり、

オススメの食べ方は、
1. まず、バナナティーをひと口飲んで、広がる香りを愉しみます。
2. つぎに、キャラメルナッツミルフィーユを食べます。(パイとクリームを一緒に食べるのがポイント!)
3. すぐにもう一度、バナナティーを飲みます。

この3ステップ。イマジネーションを広げて食べる必要があるのだそう。

『キャラメルバナナコンビネーション』を体験


編集部スタッフもさっそく『キャラメルバナナコンビネーション』のポップアップに挑戦! オススメの食べ方通り、バナナティーをゴクリ。このバナナティーは、アフタヌーンティーのブレンドティーにバナナシロップ、フレッシュバナナを浮かばせた紅茶。紅茶には砂糖が入っていないのですが、ほのかに甘く、バナナの香りが口の中に広がります。


次に“キャラメルナッツミルフィーユ”を食べてみます。サクサクッとしたパイ生地にキャラメリゼしたナッツがカリカリ。香ばしくほろ苦いくるみ、アーモンドの食感が楽しめます。パイ生地の中には、甘さ控えめのクリームが隠されており、ディップのようにパイ生地と合わせて食べると絶妙の味わいに。

さて、単体で紅茶、パイをいただきましたが、パイ生地に中のクリームとともに、バナナティーを飲んでみると……? すると、“バナナカスタードパイ”を食べているように。ミルフィーユにはバナナが入っていないのですが、バナナ味のスイーツを食べているような違った味わいのスイーツに感じられ、不思議な体験です。また、少し時間が経つと“バナナティー”のバナナが紅茶の熱で完熟したようになるので、最後のお楽しみに忘れずにスプーンで取り出して食べて。

友達と「ポップアップした? しない?」と和気あいあいと話しながら食べれば楽しいティータイムが過ごせそう。『キャラメルバナナコンビネーション』は9月3日から、全国アフタヌーンティー・ティールームにて発売予定。

今月、8月20日には『キャラメルバナナコンビネーション』をいち早く体験できる1日限りのイベントが10組20名限定にて新宿・小田急サザンタワーにて開催。応募は8月4日~8月12日まで。

公式サイト

アフタヌーンティー・ティールーム『ポップアップスイーツ』
http://www.afternoon-tea.net/tearoom/seasonal/pop_up_sweets/

商品詳細情報

■商品名:キャラメルバナナコンビネーション
■価格:1,350 円(税込)
■販売期間:9月3日(木)~11月4日(水)
■商品説明:スイーツとティー、ふたつを一緒に味わうと、新たなスイーツが口の中に現れる『ポップアップスイーツ』。香ばしいキャラメルナッツミルフィーユとバナナティーで、“バナナカスタードパイ”のような味わいに。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP